イリーナ・ハカマダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシアの旗 ロシアの政治家
イリーナ・ハカマダ
Ирина Муцуовна Хакамада
Irina Hakamada1.jpg
イリーナ・ハカマダ
生年月日 1955年4月13日(59歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 モスクワ
出身校 パトリス・ルムンバ名称民族友好大学(現、ロシア諸民族友好大学)外国経済学部、モスクワ大学経済学部大学院
所属政党 経済自由党、右派勢力同盟もう一つのロシア
親族 袴田里見(伯父、日本共産党副委員長、のち党規違反により除名)
公式サイト [1]

ロシアの旗 下院議員
任期 1993年 - 2003年
テンプレートを表示

イリーナ・ムツオヴナ・ハカマダИри́на Муцу́овна Хакама́да, Irina Mutsuovna Hakamada, 1955年4月13日 - )は、ロシア政治家。ロシアでもっとも著名かつ有能な女性政治家と称される。学歴モスクワ大学経済学部大学院修了。学位経済学修士(モスクワ大学)。元ロシア下院副議長。日本人を父に、ロシア系ユダヤ人を母に持つ。

来歴[編集]

1955年4月13日、モスクワ1939年ソ連政治亡命した袴田陸奥男ロシア系ユダヤ人の母の間に生まれる。日本共産党副委員長の袴田里見は伯父に、青山学院大学教授の袴田茂樹は異母兄に当たる。

1978年パトリス・ルムンバ名称民族友好大学(現在のロシア諸民族友好大学)外国経済学部を卒業する(経済学士)。1981年モスクワ大学経済学部大学院修了(経済学修士)。学生時代から父親と共産主義に反発し、のちに市場経済主義者となった。ソ連国家計画委員会研究所勤務を経て、ビジネスの道に入り、1989年にロシア商品取引所の設立者の一人となる。その他、株式取引所情報研究センター所長、ロシア国民商業銀行、経済通信社設立などに参加する。

1992年に経済自由党を結成、同年12月に書記長を経て共同議長に就任する。1993年12月、連邦議会下院選挙に小選挙区から立候補し、「ロシアの選択」の支持を得て当選した。以後3期当選している。下院経済政策委員会に所属した。1994年、女性リベラル財団議長。1995年12月、下院議員に再選する。1997年にロシア連邦中小企業支援・発展国家委員会議長に就任する。1999年12月の下院選挙に備えセルゲイ・キリエンコボリス・ネムツォフらと共に右派連合(右派勢力同盟)を結成し、共同議長に就任した。下院選挙では3選を果たし、下院副議長に選出される。また同年ロシア・ビジネス円卓会議運営会議委員に就任した。しかし、2003年12月の下院選挙で右派連合は、議席確保に必要な5%の得票率を超えることが出来ず、小選挙区でもハカマダは下院議長だったゲンナジー・セレズニョフに敗れた。2004年大統領選挙にも立候補した。2006年に活動を開始した、ロシアの野党など政府反対勢力の連合「もう一つのロシア」のメンバーである。

ハカマダは、ロシアの将来像としては欧米型の民主的な法治国家を志向し、大国主義を否定している。そのための政治システムとしては、現行の強力な大統領制より、議院内閣制を導入することを主張している。

外部リンク[編集]