イリノイ空軍州兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イリノイ空軍州兵
創設
国籍 アメリカ合衆国
軍種 空軍州兵
任務 アメリカ空軍の予備部隊
基地 イリノイ州リンカーン基地

イリノイ空軍州兵(Illinois Air National Guard)はイリノイ州における空軍州兵。部隊の目的は、アメリカ空軍の予備部隊として戦力提供を行うことと州内の災害救援・治安維持である。

司令部はスプリングフィールド・リンカーン基地(Camp Lincoln)に所在している。1993年まではシカゴシカゴ・オヘア国際空港に司令部が所在していた。

部隊[編集]

  • 第126空中給油航空団(126th Air Refueling Wing):スコット空軍基地に所在。KC-135Eを装備。KC-135Rに更新予定。1999年まではシカゴ・オヘア国際空港に所在。
  • 第182空輸航空団(182d Airlift Wing):州中部のグレータ・ピオリア空港(Greater Peoria Airport)に所在。C-130Eを装備。1995年に戦闘航空団から転換。
  • 第183戦闘航空団(183d Fighter Wing):1989年よりF-16Cを装備。スプリングフィールド近郊のエイブラハム・リンカーン・キャピタル空港(Abraham Lincoln Capital Airport)所在。再編・閉隊を検討中、機材はインディアナ空軍州兵へ移管予定。
  • 第217技術設備中隊(217th Engineering Installation Squadron):エイブラハム・リンカーン・キャピタル空港に所在。
  • 第264戦闘通信中隊(264th Combat Communications Squadron)

外部リンク[編集]