イラン・ホドロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イラン・ホドロ社(شرکت ایران خودرو)
Iran Khodro Company
種類 公開株式会社
本社所在地 イランの旗 イラン
テヘラン
設立 1962年
業種 自動車製造業
事業内容 自動車製造販売
代表者 ジャヴァド・ナジムディン
従業員数 58,000人(2005)
外部リンク http://www.ikco.com/Fa/Default.aspx
テンプレートを表示

イラン・ホドロ英語: Iran Khodro Company, ペルシア語: شرکت ایران خودرو‎, 略称:IKCO)は、イラン自動車メーカー。「ホドロ」とはペルシア語で「自動車」の意であるが、日本語では「ホルドゥロウ」や「コードロ」、「イラン・ホドロー」と表記されることもある。

1962年に設立され、ルーツ・グループが保有していたヒルマン・ハンターの製造設備をイランに移管したのが始まり。この自動車は「ペイカン」と名付けられ、2005年まで40年以上に渡って生産が続けられ、イランの国民車だった。

2006年の北京モーターショーに4ドアセダン「サマンド」を出品した[1]プジョー・206の3ボックスセダン(206SD)は、2006年からイラン国内のコードロの工場で生産し、2007年から東欧圏と南欧圏で販売される[2]

ラインナップ[編集]

乗用車[編集]

  • グリル面には何故か「ペイカン」と書かれている

バス・ミニバス[編集]

トラック・トラクタ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Iran Khodro Runna set for mid-2011 domestic market entry”. paultan.org (2011年1月31日). 2011年5月3日閲覧。
  2. ^ 【イラン―生産】イランのホドロ、純国産の新型セダン「デナ」を発表”. 国際自動車ニュース (2011年4月19日). 2011年5月3日閲覧。

外部リンク[編集]