イラン・ギロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イラン・ギロン

イラン・ギロン1956年5月12日- 、Ilan Gilon、ヘブライ語:אילן גילאון)はイスラエルの政治家。左派政党メレツ所属。ユダヤ系イスラエル人。

プロフィール[編集]

ルーマニアからの帰還者。生まれて7ヵ月後にポリオに罹患し、現在も後遺症で歩行に障害がある。

イスラエルに帰還(アリーヤー)した後、ヘブライ大学国際関係学と政治学を学ぶも、卒業せず、大学を中退した。この頃、彼は後のメレツの母体となるユダヤ人左派政党「マパム」の青年組織の構成員であった。

アシュドッドの知事代理を1993年から1999年まで務めた後、1999年クネセト総選挙にメレツから立候補し、当選を果たし、クネセト議員となる。

しかし、2003年の総選挙で落選してしまう。2006年の総選挙でも落選。

再起をかけ、2009年の総選挙でメレツから比例順位2位で出馬し、当選。政界復帰を果たした。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]