イム・ヒョンジュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イム・ヒョンジュ
ハングル 임형주
漢字 林亨柱
ローマ字 Lim Hyung Joo
出身 韓国の旗 韓国
出生 1986年5月7日
職業 歌手
ジャンル K-pop
活動期間 1998年 - 現在
公式サイト http://www.hyungjoo.com

イム・ヒョンジュ임형주林亨柱 1986年5月7日〜)は、大韓民国男性歌手であり、ポップオペラテノールである。 英語名は、Lim Hyung Joo と表記する。ポップスの感覚でオペラを唄う「POPERA」の第一人者であり、韓国が誇る国民的なテノール歌手である。

主な公演歴[編集]

世界的なポップオペラテノールのイム・ヒョンジュ[1][2]は、既に1998年、12歳で初のシングル盤であり、記念アルバムを発表し、当時の音楽界の大きな注目を受けて大韓民国でデビューした。 [3]以来、 2003年のポップオペラテノール として、デビューしており[3] 、 同年 2月25日、大韓民国 第16代 盧武鉉大統領の就任式で、歴代最年少で愛国歌を披露し、大きな反響を起こした。 [4] また、2003年ニューヨークカーネギーホールでは、世界の男性の声楽家、史上最年少[5]の年齢で海外で初の独唱会を行ったところの公演は全席完売を記録し、大きな成功を収めている。[6] その後、リンカーンセンター エルリスツルリホル、ロサンゼルスハリウッドボウルロンドンパリアムステルダムザルツブルク東京東京国際フォーラム)、台湾の ローカル記念館などで公演を行った。 また、ベルリン交響楽団ウィーン交響楽団チェコ交響楽団東京フィルハーモニー管弦楽団ニュージャージーフィルハーモニー管弦楽団ザルツブルクソリストステント台湾チェンバーアンサンブル等の海外のオーケストラをはじめ 、ソウル市立交響楽団コリアン交響楽団ユーラシアンフィルハーモニー管弦楽団KBS交響楽団などの韓国のオーケストラと共演した。

Friends Of Love The Earth[編集]

  • 松任谷由実が、2005年9月23日愛・地球博長久手会場内EXPOドームで、愛・地球博の閉幕コンサートとして開催した「YUMING Love The Earth Final」(このコンサートでは、松任谷由実の曲が歌われた)で共演したアジア各国のアーティスト4人により結成。その中のメンバーとして参加した。

メンバー[編集]

  • 松任谷由実(日本
  • Dick Lee(ディック・リー シンガポール
  • Xu Ke(許可、シュイ・クー、中国
  • amin(アミン、阿敏、中国
  • Lim Hyung Joo(イム・ヒョンジュ、임형주、林亨柱、韓国
  • このコンサートで、5人のコラボレーションであるYUMING Love The Earth Finalのテーマソング『Smile again』(松任谷由実書き下ろし曲)が発表され、この曲は9月14日にモバイル先行配信、9月28日にPC配信による発売が開始されている。
    • 2006年2月15日にシングルCD(『虹の下のどしゃ降りで』のカップリング曲)として発売されるが、シングル曲のCDとして一般のCDショップでの発売は考えられていなかった。その大きな理由としては、CDでの発売より、パソコン等による配信のほうがアジアの人々に広く手に入れてもらえるからである。
    • 2005年の「iTunes Music Store」年間アルバムチャート1位、2006年1月18日付の全国有線放送ランキングチャート1位を獲得。
  • 2005年10月21日、僕らの音楽2に出演。
  • 第56回NHK紅白歌合戦上海のホテル「和平飯店」屋上から生出演。(中継車の電波範囲の問題で黄浦公園からの中継も検討されたが、中国政府の許可が降りず断念し場所変更)
    • 瞬間最高視聴率42.5%(関東地区)の高視聴率を獲得した。
  • CDシングル2006年2月15日

その他の社会活動[編集]

2010年現在、歌手の 趙容弼らと一緒に2011年大邱世界陸上選手権大会の広報大使、ソウル、CO2医者の名誉広報委員(環境部門広報委員)とソウル特別市中区広報大使、京郷新聞社の時事週刊誌“ニュースメーカー”(Weekly傾向)の最年少諮問委員、ワールドビジョンの広報大使、カトリック大学ソウル聖母病院の広報大使、コリアンポストチャンバーオーケストラの音楽監督、アトゥウォン文化財団理事などで活動している。[7][8][9]

学歴[編集]

  • シンヨンサン小学校卒業
  • イェウォン芸術中学校声楽科首席卒業[10]
  • アメリカのジュリアード音楽院予備学校声楽科の審査委員の合意合格[10]
  • イタリアフィレンツェサンフェリーチェ音楽院声楽科在学

受賞歴[編集]

2000年
  • 第1回CBS全国音楽コンクール1等 [11]
2001〜2002年
  • 第5回全国青少年音楽コンクール1等
  • 第12回音楽誌、全国学生音楽コンクール1等
  • 豫園コンサート声楽と初共演
  • Casual Classic奨学会のコンクール声楽部分の優勝と奨学金[12],[13]
  • イェウォンハクギョ声楽と実技首席と音楽功労賞[14]
2003年
  • アメリカのUSO協会最年少の名誉勲章 [15]
2004年
  • アメリカの場合は、花協会(CCI)を選定、今年のアジアのアーティストとのメインモデル[16]
2005年
  • SONY BMG 本社ゴールデンディスク[17]
  • 韓国教育開発院の調査『我が国の中高校生が最も会いたいと思う有名人』に盧武鉉李健煕安哲秀らと共に選定 [18]
  • ネチズン選定『大韓民国を代表する美しい30人』の芸術/ハクスルイン部門のチョスミ、アンドレキムなどと共に選定 [19]
2006年
2007年
  • ユネスコ韓国委員会の調査『青少年が尊敬する100人の文化/芸術部門でのチョスミ、チョンミョンフン、李文烈などと一緒に選定 [21]
2009年
  • 韓国観光公社選定“韓国を代表する人物100人”に選出 [22]
2010年
  • UN『平和のメダル』、韓国人初と歴代最年少受賞 [23]

脚注[編集]

  1. ^ 조선일보 (이승우 기자)
  2. ^ 매일경제 (노현 기자)
  3. ^ a b 경향신문 (김준 기자)
  4. ^ 뉴스엔 (이현우 기자)
  5. ^ 한국일보 (홍석우 기자)
  6. ^ 중앙일보 (이장직 기자)
  7. ^ 네이버뮤직 (스포츠동아 김원겸 기자)
  8. ^ 연합뉴스 (이은정 기자)
  9. ^ 임형주 공식홈페이지 Profile
  10. ^ a b 아시아투데이 (전혜원 기자)
  11. ^ CBS 노컷뉴스 (오현숙 PD기자)
  12. ^ 주간조선 (김남인 기자)
  13. ^ DGNCOM (공식 홈페이지)
  14. ^ 여성동아 (구미화 기자)
  15. ^ 마이데일리 (강은진 기자)
  16. ^ 뉴시스 (유상우 기자)
  17. ^ 머니투데이 스타뉴스 (김원겸 기자)
  18. ^ CBS 노컷뉴스 (권영철 기자)
  19. ^ 뉴시스 (강경지 기자)
  20. ^ 매일경제 (이지형 기자)
  21. ^ 스포츠 칸 (강수진 기자)
  22. ^ 스포츠서울 (김상호 기자)
  23. ^ 연합뉴스 (이은정 기자)

外部リンク[編集]