イム・ジョンヒョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イム・ジョンヒョンJeong-Hyun Lim, 임정현1984年7月5日-)はオンライン上の別名"funtwo"でも有名な23歳の韓国ギタリスト台湾のギタリストであるJerryCパッヘルベルのカノンを編曲した『カノンロック』のカヴァー演奏で特に知られている。

イム・ジョンヒョンは2005年、『カノンロック』のカヴァーを演奏し、録音した。このヴィデオを韓国の人気ミュージック・サイト「ミュール」(Mule.co.kr)に投稿すると、技量に驚愕した視聴者の誰かがコピーをかすめ取り、即座にYouTubeに"guitar"の名で投稿した。まもなくヴィデオは評判を得るようになり、ベースボール・キャップで顔を隠した当人の正体を巡る憶測が始まった。

funtwoによる『カノンロック』のカヴァー演奏はこれまでにCNNABCの『20/20』、ニューヨーク・タイムズ、ナショナル・パブリック・ラジオ、さらにカナダCBCラジオ、韓国MBCニュース、KBSニュース、またその他、韓国の報道機関で触れられてきた。

視聴者の多くが、画と音が完全に同期していないことから、このヴィデオが捏造されたものではないかと推測した。イムは後にニューヨーク・タイムズに、これはああして間に合わせるしかなかったのだと述べた。「(…)彼は録音とヴィデオ撮りを個々に行い、後でそれらを当てはまるように合わせたのだと語った。」

当初はヴィデオのギター・プレイヤーが秘密のベールに包まれていたことから、成るべくしてなったことなのだが、幾人かが自分こそfuntwoだと主張した。

イムは他人の作品を演奏するだけではなく、今は他人の曲を自分でアレンジすることも始めている。彼がファンへのホリデー・カード向けに作曲し、自身では「聖歌ロック」と呼んだ『Funtwo is coming to Town』はロック版「サンタが街にやってきた」だった。またドリーム・シアターの"Overture 1928 "や、最近ではアントニオ・ヴィヴァルディの最も有名な協奏曲集『四季』から『夏』を演奏してみせたヴィデオを投稿した。

funtwoはあるインタビューで、プロのギタリストとしてギターを続けるつもりはないという考えを口にしていた。しかしオンライン上の名声に後押しされて、2度公衆の前で演奏している。一度目はワシントンDC駐在の韓国大使のために、もうひとつは同年のKORUSフェスティバル(2006年10月6~9日にワシントンDCで行われた、『韓国と米国との躍動的で友好的な関係を祝う』野外イベント) でだった。このフェスティバルでfuntwoは、即興を交えて韓国国歌アメリカ国歌の編曲版を演奏した。彼は上記のインタビューの中で、ただの楽しみとしてギター演奏を続けたいと述べており、自分の演奏に点数をつけるとしたら100点満点中、50か60点がいいところだとも言っている。