イムレ1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イムレ1世
Imre I
ハンガリー王
190
在位 1196年4月23日 - 1204年11月30日
戴冠 1182年5月16日
出生 1174年
死去 1204年11月30日
配偶者 コンスタンサ・デ・アラゴン
子女 ラースロー3世
王家 アールパード家
王朝 アールパード朝
父親 ベーラ3世
母親 アニェス・ド・シャティヨン
テンプレートを表示

イムレ1世I Imre, 1174年 - 1204年11月30日)は、ハンガリー王国アールパード朝国王ベーラ3世の長男(在位:1196年 - 1204年)。

1196年、父の死により後を継いで即位する。ところが、イムレが国内の異教徒を討伐している最中にこの継承に不満を持った弟アンドラーシュ(のちのアンドラーシュ2世)に反乱を起こされ、王位をめぐって争った。イムレ1世は勝利したが、この継承戦争により、父の時代に最盛期を迎えていた[独自研究?]ハンガリーの国力は衰退期に入った。また、イムレ1世は弟であることから[独自研究?]アンドラーシュ2世を許した。

1204年にイムレ1世が死ぬと、王妃であるアラゴン王女コンスタンサ(コンスタンツィア)との間の一人息子ラースロー3世が後を継いだが、若年のためにアンドラーシュ2世に反乱を起こされて廃位され、王位はアンドラーシュ2世に奪われた。

先代:
ベーラ3世
ハンガリー国王
1196年 - 1204年
次代:
ラースロー3世