イボタノキ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イボタノキ属
Ligustrum ovalifolium.jpg
オオバイボタ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asterdiae
: ゴマノハグサ目 Scrophulariales
: モクセイ科 Oleaceae
: イボタノキ属 Ligustrum
学名
Ligustrum L.
和名
イボタノキ属
英名
Privet

イボタノキ属学名Ligustrum: Privet)は、ヨーロッパ北アフリカアジアオーストラリアが原産の植物の常緑樹、半常緑樹、落葉樹の種があり、低木である。40-50の種が知られている。モクセイ科 (Oleaceae) に属する。中国ヒマラヤ日本台湾には多くの種が分布する。

ヨーロッパでprivetといえば、元々は半常緑樹の低木Ligustrum vulgareであった。生垣として使われることが多く、privetの名称もプライベート (private) から来ている。近年では日本原産で常緑樹であるLigustrum ovalifoliumオオバイボタ、Japanese privet)が使われることが多い。

主な種[編集]

  • Ligustrum amamianum 中国
  • L. angustum 中国
  • L. chenaultii 中国(雲南)
  • L. compactum ヒマラヤ・南西中国
  • L. confusum ヒマラヤ・カーシ丘陵
  • L. delavayanum 中国南西部・ミャンマー
  • L. expansum 中国
  • L. gracile 中国
  • L. henryi 中国中央部
  • L. hisauchii (オカイボタ) 日本
  • L. ibota (サイコクイボタ) 日本
  • L. indicum ヒマラヤ・インドシナ
  • L. japonicum (ネズミモチ) 日本・朝鮮半島
  • L. leucanthum 中国
  • L. lianum 中国
  • L. liukiuense 台湾
  • L. longitubum 中国
  • L. lucidum (トウネズミモチ) 中国・日本・朝鮮半島
  • L. massalongianum ヒマラヤ
  • L. microcarpum (en) 台湾; L. sinenseに入れることが多い
  • L. morrisonense 台湾
  • L. obovatilimbum (en) 中国
  • L. obtusifolium (syn L. amurense; イボタノキ) 東アジア
  • L. ovalifolium (オオバイボタen) (Japanese privet) 日本
  • L. pedunculare 中国
  • L. pricei (en) 台湾
  • L. punctifolium
  • L. quihoui 中国
  • L. retusum 中国
  • L. robustum (苦丁茶としても飲まれる。世界の侵略的外来種ワースト100) 中国
  • L. sempervirens 中国西部
  • L. sinense (en) (Chinese privet) 中国・台湾
  • L. strongylophyllum 中国中央部
  • L. tamakii (トゲイボタ維管束植物レッドデータブック (環境省)) 日本
  • L. tenuipes 中国
  • L. tschonoskii (ミヤマイボタ) 日本
  • L. vulgare (en) (European privet) ヨーロッパ・北西アフリカ・南西アジア
  • L. xingrenense 中国
  • L. yunguiense 中国

出典:[1][2][3]

脚注[編集]

  1. ^ Flora of China: Ligustrum
  2. ^ Flora of Taiwan: Ligustrum
  3. ^ Flora Europaea: Ligustrum