イベリアチャフチャフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イベリアチャフチャフ[1]
Iberian Chifchaff.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ亜目 Passeri
: メボソムシクイ科 Phylloscopidae
: メボソムシクイ属 Phylloscopus
: イベリアチャフチャフ P. ibericus
亜種 : P. i. ibericus
P. i. biscayensis
学名
Phylloscopus ibericus
Ticehurst, 1937
シノニム

Phylloscopus brehmii
Phylloscopus collybita brehmii

和名
イベリアチャフチャフ

イベリアチャフチャフ学名:Phylloscopus ibericus)は、メボソムシクイ科に分類される鳥類である。イベリア半島アフリカ大陸に生息する。小さい体の上部は緑がかっていて、体の下部と顔は黄色がかっている。見た目はチフチャフに似ているが、イベリアチャフチャフはより鮮やかな色をしている。主に虫を食べる。

分類[編集]

当初イベリアチャフチャフはPhylloscopus collybita brehmiiというチフチャフの亜種と考えられていたが、後の研究で両者のDNAが4.6パーセント異なっていることが明らかになり、別種であることが判明した[2][3][4]。このときこの種にはPhylloscopus brehmiiという学名がつけられたが、さらに後の研究でこのとき調査した個体がイベリアチャフチャフではなく若いチフチャフであったことが判明し、最終的にイベリアチャフチャフにはPhylloscopus ibericusという学名がつけられた[5][6]

イベリアチャフチャフは他のメボソムシクイ属よりも古い種で、およそ200万年前にチフチャフから種分化し、間氷期にチフチャフがイベリア半島に戻ってくる前の更新世にイベリア半島で他の種から孤立したと考えられている[2][7]

亜種[編集]

イベリアチャフチャフには以下の2つの亜種が確認されている[5]

  • P. i. ibericus イベリア半島南部とアフリカ北部に分布。
  • P. i. biscayensis イベリア半島北部に分布。

特徴[編集]

Phylloscopus ibericus.jpg

この鳥は体長10~11センチ程度、体重は7~8.25グラム程度と小さい。体の上部は緑がかっているが、体の下部と顔は黄色がかっている。外見はチフチャフにとてもよく似ているが、イベリアチャフチャフはより鮮やかな色をしていて、尾の付け根や肩はより強い緑色をしている。顔や喉のあたりの黄色もイベリアチャフチャフの方が鮮やかである[4][8]。翼はチフチャフよりもとがっていて、尾はイベリアチャフチャフの方が少し長い[8][9]。脚は茶色をしている個体が多い。とてもよく似ているため外見から性別を見分けることは難しい。チフチャフと外見はよく似ているが、鳴き声は全く違う[2][10][11]

分布[編集]

イベリア半島とアフリカ北部に分布する。ヨーロッパに36万から53万羽生息していると考えられており、これは全世界の個体数の約90パーセント程度とされている。この中でもスペインに最も多く分布しており、34万から40万羽が生息している[12]。大きな移動をしない個体もあるが、多くのイベリアチャフチャフは冬になると渡り鳥としてサハラ砂漠を渡りアフリカ西部にまで達し[13]セネガルマリ南部、ブルキナファソガーナ北部にまで到達する。

繁殖[編集]

繁殖期は2月から3月ごろに始まり、9月ごろまで続く。4個から7個程度の卵を産み13日から15日間で孵化する。

雑種交配[編集]

ピレネー山脈西部に、イベリアチャフチャフとチフチャフの繁殖場所が重なる場所があり、そこでチフチャフとの交配が行われている[10][11][4]。大抵はオスのイベリアチャフチャフとメスのP. c. collybitaによる交配である[4]。雑種は適応度の面で劣ることが多く[3]、メスの雑種は繁殖能力を持たない。これはホールデンの規則英語版に一致する例である[14]

出典[編集]

  1. ^ BirdLife International (2009年). Phylloscopus ibericus. 2008 IUCN Red List of Threatened Species. IUCN 2008. 2010年10月13日閲覧。
  2. ^ a b c Andreas J. Helbig, Jochen Martens, I. Seibold, F. Henning, B. Schottler, Michael Wink (1996). “Phylogeny and species limits in the Palearctic Chiffchaff Phylloscopus collybita complex” (英語) (PDF). Ibis 138: pp. 650-666.. http://www.uni-heidelberg.de/institute/fak14/ipmb/phazb/pubwink/1996/13_1996.pdf 2009年6月5日閲覧。. 
  3. ^ a b Andreas J. Helbig, Marc Salomon, S. Bensch, I. Seibold, Male-biased gene flow across an avian hybrid zone: evidence from mitochondrial and microsatellite DNA. Journal of Evolutionary Biology, 2001.
  4. ^ a b c d Collinson, J. Martin; Melling, Tim (April 2008). “Identification of vagrant Iberian Chiffchaffs - pointers, pitfalls and problem birds”. British Birds 101 (4): pp. 174-188.. 
  5. ^ a b Salomon, M. Voisin, J.F. y Bried, J.(2003年1月) "On the taxonomic status and denomination of the Iberian Chiffchaffs" Ibis 145 (1): pp. 87–97..
  6. ^ Lars Svensson, "The correct name of the Iberian Chiffchaff Phylloscopus ibericus Ticehurst 1937, its identification and new evidence of its winter grounds". Bulletin of the British Ornithologists Club, 2001
  7. ^ Balmori, Alfonso; Cuesta, Miguel Ángel; Caballero, José María (2002): Distribución de los mosquiteros ibéricos (Phylloscopus brehmii) y europeo (Phylloscopus collybita) en los bosques de ribera de Castilla y León (España). Ardeola 49(1): pp. 19–27.
  8. ^ a b Kevin Baker (1997) (英語). Warblers of Europe, Asia and North Africa (Helm Identification Guides). pp. 256–259. ISBN 0713639717. 
  9. ^ Marc Salomon, J. Bried, Andreas J. Helbig, J. Riofrío, Morphometric differentiation between male Common Chiffchaffs, Phylloscopus [c.] collybita Vieillot, 1817, and Iberian Chiffchaffs, P. [c.] brehmii Homeyer, 1871, in a secondary contact zone (Aves: Sylviidae). Zoologischer Anzeiger, 1997.
  10. ^ a b Salomon, Marc (1989): Song as a possible reproductive isolating mechanism between two parapatric forms. The case of the chiffchaffs Phylloscopus c. collybita and P. c. brehmii in the western Pyrenees. Behaviour 111 (1–4): pp. 270–290.
  11. ^ a b Marc Salomon, Y. Hemim, Song variation in the Chiffchaffs (Phylloscopus collybita) of the western Pyrenees – the contact zone between collybita and brehmii forms. Ethology
  12. ^ Hans-Günther Bauer, Einhard Bezzel und Wolfgang Fiedler (2005). Das Kompendium der Vögel Mitteleuropas: Alles über Biologie, Gefährdung und Schutz. Band 2: Passeriformes – Sperlingsvögel, Aula-Verlag Wiebelsheim, Wiesbaden. P. 193 ISBN 3-89104-648-0
  13. ^ Catry, P. Lecoq, M. Aráujo, A. Conway, G. Felgueiras, M. J. Michael B. King, Rumsey, S. Salima H. y Tenreiro, P. Differential migration of chiffchaffs Phylloscopus collybita and P. ibericus in Europe and Africa PP. 184-190. Journal of avian biology 36 (2005)
  14. ^ Andreas J. Helbig, Marc Salomon, Michael Wink, Joël Bried, Absence de flux genique mitochondrial entre le Pouillots "veloces" medio-européen et ibérique (Aves: Phylloscopus collybita, P. (c.) brehmii); implications taxonomiques. Résultats tirés de la PCR et du séquencage d'ADN. C. R. Acad. Sci. III, 1993.

外部リンク[編集]