イブン・マージド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アフマド・イブン・マージド (アラビア語: أحمد بن ماجد بن محمد السعدي النجدي‎、Ahmad ibn Mājid bin Muhammad as-sa'dī an-najd īは、1421年生まれでジュルファールJulfar(現在のラアス・アル=ハイマ)出身のイスラーム教徒のアラブ人航海士であり地図製作者である。ニスバ(人名#イスラム教圏の名前を参照、出身地や部族を表す一種の名字)のナジュディーnajdīは、アラビア半島ナジュド地方を表す。 [1][2].ポルトガル人の間ではalmiranteつまり海軍提督とあだ名され、 [3]、また「インド洋の教師」と呼ばれた。[4]かれの著作はヒジュラ暦903年までには紅海およびペルシア湾および南シナ海における彼の航海知識は一般的となった。 [5] ラアス・アル=ハイマは現在アラブ首長国連邦の7つの首長国の一つであるが、当時はオマーンの海岸に属していた。彼は有名な船乗りの一族に生まれ育った。17歳の時には航海できるようになっていた。彼はとても有名だったので、最初のアラブ人水夫として知られた。確かなデータは不明だが、イブン・マージドは1500年に死亡したとみられる。彼は西洋で、ヴァスコ・ダ・ガマのアフリカからインドへの航海を助けた水先案内人として有名になった。しかしこのテーマについての主な学者であるG.R. Tibbettsは、この主張に異論を唱えている。イブン・マージドは約40の詩との散文の著者である。

名前[編集]

人名#イスラム教圏の名前を参照)イブン・マージドのフルネームはأحمد بن ماجد بن محمد بن عمر بن فضل بن دويك بن يوسف بن حسن بن حسين بن أبي معلق بن أبي الركايب‎である[6]。クンヤは”イブン・マージド”ابن ماجد‎または”イブン・アビー・アッ=ルカーイブ”ابن أبي الركائب‎である。ラカブ(あだ名)は信仰心にちなんで「シハーブ(流星)」「シハーブ・アル=ハック(真理の流星)」「シハーブ・アッ=ディーン(信仰の流星)」であった。[7]. また知識によりと「アサド・アル=バハル(海洋の獅子)」「معلم المحيط الهندي‎(インド洋の教師)」とあだ名された。[7].

出自[編集]

彼は自身のの出自(ニスバ)について、ティハーマナジュドヒジャーズのアドナーン族en:adnanであると語った。[8]. 彼の出身地について歴史家たちは相違するが、当時のホルムズ王国en:Ormusの都市ジャルファール(現在のラアス・アル=ハイマ首長国)出身とする。ref name="امير البحر" />[9]。ナジュドのサーディクen:Thadigのタミーム族en:Banu Tamim出身とする者がいるが]] [10]、イブン・マージド自身はそう述べてはいない。またオマーン・スルタン国のザファールとも[11]、イエメンのナジュド出身ともいう。.[7].

著作[編集]

彼のもっとも重要な著作は1490年に書かれたen:Kitab al-Fawa’id fi Usul ‘Ilm al-Bahr wa ’l-Qawa’id (航海術の原則と規則の情報についての有用な書、Book of Useful Information on the Principles and Rules of Navigation)である。これは航海術百科というべきもので、航海術の歴史と基礎的な原則、月宿航程線、沿岸航海と外洋航海の違い、東アフリカからインドネシアにかけての港の位置、モンスーンやその他の季節風の計算、台風、その他職業的な船乗りに必要な情報について説明している。彼自身と父親との経験やインド洋の船乗りの何世代にわたる言い伝えが情報源となっている。

イブン・マージドは、ペルシャ湾からインド東アフリカやその他の目的地に到達することに役立つような、海洋科学や船の動きについてのいくつかの著作を書いた。 彼の多くの海洋学の著作の中で、「Fawa'dh fi-Usl Ilm al-Bahr wa-al-Qawaidah (海洋の知識と原則の情報の利益、The Book of the Benefits of the Principles of Seamanship)」は最高傑作の一つとみなされている。

彼はとても高名になり、その勇敢さと強さと航海術にたけた船乗りとしての経験から、「シハーブ・アッ=ディーン(アラビア語: شهاب الدين‎、Shihab Al Dein、信仰の流星)」と尊称された。

業績[編集]

アフマド・イブン・マージドは、ヨーロッパ人に知られていなかったアラブの地図を用い、15世紀中ごろにポルトガル人船乗りのヴァスコ・ダ・ガマが最初の完全なヨーロッパインド間の海上交易路を完成させるのを手助けをしたと伝えられる。この逸話によってイブン・マージドは西欧で有名であるが、しかしこのテーマについての主な学者であるG.R.ティベッツ(G.R. Tibbetts)はその記述に異論を唱えている。イブン・マージドがヴァスコ・ダ・ガマを手助けしたという最初の記述は、イブン・マージド没後から約50年後の、オスマン朝の歴史家クトブ・アッ=ディーンQutb al Dinによるものである。ティベッツの主張によれば、イブン・マージドがヴァスコ・ダ・ガマをインドへ案内したという記述は誹謗中傷である。なぜならラアス・アル=ハイマに戻る航路の知識を取引していた時に、イブン・マージド(信心深いイスラーム教徒)が酔っ払ったとあるからである。船長の航海日誌と当時のポルトガル人学者による記述が明白でないため、誰がヴァスコ・ダ・ガマの水先案内人であるかについては議論がある。しかしティベッツによれば、イブン・マージドがヴァスコ・ダ・ガマを案内したという逸話が広まったのは、西洋的な世界史の見方が優勢になった結果であり、歴史的に正確でないという。

「海洋の獅子」と呼ばれた、イブン・マージドの真の業績は、彼が残した航海に関する著作である。アラブ人の航海術はイブン・マージドの生きた時代に最高峰に達し、その時ヨーロッパ人とオスマン人両方はインド洋の地理について限られた知識しか持っていなかった。かれの「Fawa'dh fi-Usl Ilm al-Bahr wa-al-Qawaidah (海洋の知識と原則の情報の利益、The Book of the Benefits of the Principles of Seamanship)」は、天測航法や天候のパターンや危険な海域について述べ、広くアラブ人の船乗りに用いられた。この本と彼の詩作は、この船乗りの真の業績と言えよう。二つの有名なイブン・マージドの手写本は、現在パリの国立博物館の展示物となっている。

関連項目[編集]


参照[編集]

  1. ^ د.محمد فارس..موسوعة علماء العرب والمسلمين ص48
  2. ^ أ.دعلي عبد الله الدفاع..رواد علم الجغرافيا في الحضارة العربية الإسلاميه ص233
  3. ^ باقر أمير الورد..معجم علماء العرب ص59
  4. ^ أمير البحر علي بن الحسين، عن مخطوطة ريفان رقم 1643، 1554م
  5. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「ReferenceA」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  6. ^ أنور عبد العليم، الفوائد في اصول علم البحر والقواعد لابن ماجد الملاح، مجلة العرب، الجزء التاسع، السنة الرابعة، حزيران 1970، ص 832
  7. ^ a b c إبراهيم الخوري، احمد بن ماجد، سلسلة كتاب الابحاث، مركز الدراسات والوثائق، 2002
  8. ^ احمد بن ماجد، قصائده "السفالية" (البيت 691) و"الذهبية" (البيت 191) و"المكية" (البيت 2 و16 و169)و "نادرة الابدال في الواقع وذبان العيوق" (البيت 39)
  9. ^ مجلة التراث الإنسانية، "الفوائد في أصل علم البحار والقواعد لابن ماجد"، المجلد الخامس، 1967
  10. ^ عبد الله الماجد، الربان النجدي أحمد بن ماجد، مجلة العرب، ج1، السنة الثالثة، 1968
  11. ^ أنور عبد العليم، الملاحة وعلوم البحار عند العرب

参考文献[編集]

  • Tibbetts, G.R. 1971. Arab Navigation in the Indian Ocean Before the Coming of the Portuguese. Being a translation of Kitab al-Fawa'id fi usul al-bahr wa'l-qawa'id of Ahmad b. Majid al-Najid. London: The Royal Asiatic Society of Great Britain and Ireland.
  • Khal Torabully, The Maritime Memory of the Arabs, documentary film (52') showing Arab navigation in the Indian Ocean, with a special attention to Ahmad bin Majid, Chamarel Film/Productions La Lanterne, 2000.

外部リンク[編集]