イバン・エルナンデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イバン・エルナンデス
基本情報
本名 Ivan Hernandez Rangel
通称 Choko
階級 スーパーバンタム級
身長 167.5cm[1]
リーチ 175cm[1]
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 1982年11月24日(32歳)
出身地 メキシコメキシコシティ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 34
勝ち 28
KO勝ち 17
敗け 5
引き分け 1
テンプレートを表示

イバン・エルナンデスIvan Hernandez、男性、1982年11月24日 - )は、メキシコプロボクサーメキシコシティ出身。元WBO世界スーパーフライ級王者。

来歴[編集]

2000年4月7日、プロデビュー(2回KO勝ち)。

2001年8月3日、WBCユースフライ級王座を獲得。2002年4月19日にはWBAフェデセントロフライ級王座を獲得した。

2004年9月25日、無敗(18勝1分)のまま20戦目で世界初挑戦。WBO世界スーパーフライ級王者マーク・ジョンソンに挑戦し、8回KO勝ちで世界王座を獲得した。

2005年4月9日、初防衛戦でフェルナンド・モンティエルと対戦し、7回KO負けで王座から陥落した。

2006年4月21日、WBC世界バンタム級王座挑戦者決定戦で元IBF世界ミニマム級王者ロベルト・カルロス・レイバと対戦し、12回判定勝ち。

2006年6月10日、WBC世界スーパーバンタム級王者イスラエル・バスケスに挑戦し、4回終了時TKO負けで2階級制覇ならず。

2009年10月10日、国立代々木第二体育館でWBC世界スーパーバンタム級王者西岡利晃に挑戦し、3回終了時に下顎骨骨折の疑いがあるとして棄権・TKO負けとなり、2回目の2階級制覇のチャンスを逃した(試合後の検査で骨折が判明した)[2]

2010年10月16日、ウィルフレド・バスケス・ジュニアの持つWBO世界スーパーバンタム級王座に挑戦したが、11回TKO負けで王座獲得に失敗した。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 西岡、エルナンデスも異常なし WBC・S・バンタム級戦予備検診 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年10月7日
  2. ^ 挑戦者のあご割り西岡V3 WBC世界S・バンタム級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年10月11日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
マーク・ジョンソン
第11代WBO世界スーパーフライ級王者

2004年9月25日 - 2005年4月9日

次王者
フェルナンド・モンティエル