イバラモエビ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イバラモエビ属 Lebbeus
Lebbeus-Cribrinopsis.jpg
ヤドリイバラモエビ L. grandimanus
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
亜門 : 甲殻亜門 Crustacea
: 軟甲綱 Malacostraca
: 十脚目(エビ目) Decapoda
亜目 : 抱卵亜目(エビ亜目) Pleocyemata
下目 : コエビ下目 Caridea
上科 : テッポウエビ上科 Alpheoidea
: モエビ科 Hippolytidae
: イバラモエビ属 Lebbeus
White, 1847
下位分類群
本文参照

イバラモエビ属、学名 Lebbeus は、十脚目モエビ科の下位分類群の一つ。タイプ種L. orthorhynchus(=ホッキョクイバラモエビ L. polaris)である。

額角は細長く、イバラモエビ L. groenlandicusトサカモエビ L. compressus では頭胸甲上の鋸歯が大きく発達する。体は太くて短く、断面は円形をしている。体色は、深海生種は全身がっぽく、浅海生種は周囲の環境に合わせる保護色を発達させる。縦縞模様や横縞模様の種類が多い。

和名にあるイバラモエビに代表されるように、モエビ科の中では寒帯深海性の中・大型種を含むのが特徴だが、シマモエビ L. fasciatus 等の浅海生種もいる。さらに20世紀後半頃からは、温暖な浅海域で他の動物と共生するバルスイバラモエビ L. balssiコマチイバラモエビ L. comanthi 等の小型種も発見された。

同じ属でありながら分布域は北極海太平洋南極海大西洋南東部に及び、暖海/寒海生、浅海/深海生、単独生活/共生の各種が含まれる。生態は種類ごとに変異に富む[1][2][3]

深海生の大型種は食用に漁獲されるものもいる[4]

種類[編集]

21世紀に入ってもなお各地で新種が報告されている。日本近海での新種発見は研究者による調査の他にも、アカザエビ等の漁で混獲された個体が新種と判明した例もある。

学名(属名 LebbeusL. と略記)、記載者、記載年、和名、タイプ産地(または記録地・分布域)の順に挙げる[1][2][3][5][6][7][8]

  • L. acudactylus Jensen, 2006
  • L. africanus Fransen, 1997
  • L. antarcticus (Hale, 1941) - 南極アデリーランド-ウィルクスランド沿岸・水深640m
  • L. balssi Hayashi, 1992 - バルスイバラモエビ/体長25mmほど。南日本沿岸・スナイソギンチャクと共生
  • L. bidentatus Zarenkov, 1976 - ペルー
  • L. brandti (Brazhnikov, 1907) - キタイバラモエビ/オホーツク海・水深335m
  • L. carinatus Zarenkov, 1976 - ペルー沖・水深1850m
  • L. carinatus de Saint Laurent, 1984 (nec Zarenkov, 1976)
  • L. catalepsis Jensen, 1987 - 東太平洋ファンデフカ海峡・潮下帯
  • L. clarehannah McCallum et Poore, 2010
  • L. comanthi Hayashi et Okuno, 1997 - コマチイバラモエビ/体長30mmほど。南日本沿岸・ウミシダ類と共生
  • L. compressus Holthuis, 1947 - トサカモエビ/体長40mmほど。熊野灘から東北地方南部の太平洋岸・水深200-300m
  • L. cristagalli McCallum et Poore, 2010
  • L. cristatus Ahyong, 2010
  • L. curvirostris Zarenkov, 1976 - ペルー沖・水深1680-1860m
  • L. elegans Komai, Hayashi et Kohtsuka, 2004 - ミヤビイバラモエビ/能登半島沖の日本海・水深400m
  • L. eludus Jensen, 2006
  • L. fasciatus Kobjakova, 1936 - シマモエビ/体長40mmほど。北西太平洋沿岸・寒帯・浅海生
  • L. grandimanus (Brazhnikov, 1907) - ヤドリイバラモエビ/サハリン沿岸・水深19-118m
  • L. groenlandicus (Fabricius, 1775) - イバラモエビ/体長100mm以上。北太平洋-北極海・水深200-300m
  • L. heterochelus (Kobjakova, 1936) - オホーツク海・水深165m
  • L. indicus Holthuis, 1947 - インドネシアバリ海・水深1018m
  • L. kuboi Hayashi, 1992 - クボイバラモエビ/日本海・富山県滑川沖・水深200m
  • L. laevirostris Crosnier, 1999
  • L. lagunae (Schmitt, 1921) - カリフォルニア州ラグナビーチ・水深22-27m
  • L. longidactyla (Kobjakova, 1936) - オホーツク海・水深440-504m
  • L. longipes (Kobjakova, 1936) - アシナガイバラモエビ/日本海
  • L. manus Komai et Collins, 2009
  • L. microceros (Krøyer, 1841) - グリーンランド
  • L. miyakei Hayashi, 1992 - ミヤケイバラモエビ/福岡県小呂島沖・水深30-40m
  • L. mundus Jensen, 2006
  • L. nudirostris Komai et Takeda, 2004 - サガミイバラモエビ/相模灘・水深250m
  • L. polaris (Sabine, 1824) - ホッキョクイバラモエビ/カナダ北極諸島周辺
  • L. polyacanthus Komai, Hayashi et Kohtsuka, 2004 - トラフイバラモエビ/能登半島沖の日本海・水深400m
  • L. profundus (Rathbun, 1906) - ハワイ近海・水深1394-1829m
  • L. saldanhae (Barnard, 1947) - 南アフリカ西部サルダーニャ湾・水深265m
  • L. schrencki (Brazhnikov, 1907) - 樺太東岸・水深43-100m
  • L. scrippsi Wicksten et Mendez, 1982 - チリ北部沖・水深768-968m
  • L. similior Komai et Komatsu, 2009
  • L. speciosus (Urita, 1942) - カラフトシマモエビ/体長30mmほど。樺太大泊(コルサコフ)-北海道東部。寒帯・浅海生
  • L. spinirostris (Kobjakova, 1936) - オホーツク海・水深165m
  • L. splendidius Wicksten et Mendez, 1982 - ペルー北部沖・水深712-744m
  • L. spongiaris Komai, 2001 - カイメンヤドリモエビ/相模灘と伊豆大島・水深228-698m。カイメン類と共生
  • L. tosaensis Hanamura et Abe, 2003 - 土佐湾、相模灘・水深250-344m
  • L. unalaskensis (Rathbun, 1902) - アメリカイバラモエビ/ウナラスカ島北のベーリング海・水深640m
  • L. ushakovi (Kobjakova, 1936) - オホーツク海・水深165m
  • L. vicinus vicinus (Rathbun, 1902) - ウナラスカ島北のベーリング海・水深566m
  • L. vinogradowi Zarenkov, 1960 - オホーツク海北部・水深204m
  • L. washingtonianus (Rathbun, 1902) - ワシントン州北部沖・水深1253m
  • L. wera Ahyong, 2009
  • L. yaldwyni Kensley, Tranter et Griffin, 1987 - オーストラリア・シドニー東方・水深450m

参考文献[編集]

  1. ^ a b 三宅貞祥『原色日本大型甲殻類図鑑 I』1982年 保育社 ISBN 4586300620
  2. ^ a b 小林安雅『ヤマケイポケットガイド16 海辺の生き物』2000年 山と渓谷社 ISBN 4635062260
  3. ^ a b Fenner A. Chace, Jr."The Caridean Shrimps (Crustacea:Decapoda) of the Albatross Philippine Expedition, 1907-1910, Part 7: Families Atyidae, Eugonatonotidae, Rhynchocinetidae, Bathypalaemonellidae, Processidae, and Hippolytidae" Smithsonian Contributions to Zoology No. 587,Smithsonian Institution Press, Washington, D.C. 1997
  4. ^ 島根県水産課・島根県水産技術センター『島根の水産業(海)と魚』 >エビ(モロトゲアカエビ、イバラモエビ、クルマエビ)(解説:石田健次)
  5. ^ Komai Tomoyuki"Lebbeus spongiaris, a New Species of Deep-water Shrimp (Crustacea: Decapoda: Caridea: Hippolytidae) from Izu Islands, Japan"Nat. Hist. Res. 6, 57-65, 2001 - J-GLOBALによる論文情報
  6. ^ Komai Tomoyuki, Hayashi Ken-ichi and Kohtsuka Hisanori"Two new species of the shrimp genus Lebbeus White from the Sea of Japan, with redescription of Lebbeus kuboi Hayashi (Decapoda: Caridea: Hippolytidae)" Crustacean research (33), 103-125, 2004-12 日本甲殻類学会
  7. ^ Komai Tomoyuki, Takeda Masatsune "A New Hippolytid Shrimp of the Genus Lebbeus White, 1847 from the Sagami-Nada Sea, Central Japan, with Further Records of Two Little-Known Species (Crustacea: Decapoda: Caridea)" Bulletin of the National Science Museum. Series A, Zoology 30(2), 77-86, 2004-06-22 国立科学博物館
  8. ^ World Register of Marine Species - Lebbeus White, 1847