イノサイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イノサイト
INNOSIGHT
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
マサチューセッツ州レキシントン (92 Hayden Avenue Lexington,MA)
設立 2000年
関係する人物 クレイトン・クリステンセン(創業者、ハーバード・ビジネス・スクール教授)
外部リンク Innosight Consulting Firm
テンプレートを表示

イノサイトハーバード・ビジネス・スクール教授クレイトン・クリステンセンClayton M. Christensen)およびマーク・ジョンソン(Mark W. Johnson)により2000年に設立された経営コンサルティングファームである。

イノサイトの手法は『イノベーションのジレンマ』などにクリステンセンが紹介した理論を中核としている。破壊的イノベーションの前では偉大な企業ほど脆いという考えを基に、企業の持続的な成長をもたらすイノベーションを興すためのアプローチを説く。成長市場の発見、事業戦略の開発、イノベーションケーパビリティ開発、ビジネスモデルの設計、顧客洞察、アイデア評価、プロトタイピング、事業計画などを手掛ける[1]。 本社はアメリカ合衆国マサチューセッツ州レキシントンにあるが、マネージングディレクターであるスコット・アンソニー(Scott D. Anthony)はシンガポールを拠点にしている[2]

日本国内には拠点はないが、2013年[3]よりINDEE Japanが国内提携パートナーとしてサービスを展開している。[4][5]共同ワークショップの開催も行っている[6][7]

脚注[編集]

  1. ^ Innosight LLC Private Company Information Investing.businessweek.com”. 2013年5月22日閲覧。
  2. ^ Scott Anthony, Innovation’s 'Dr. Disruptive'”. 2013年5月22日閲覧。
  3. ^ イノベーションを興すDNAは発掘することはできるか?”. 2014年2月11日閲覧。
  4. ^ Innosight Locations”. 2013年7月10日閲覧。
  5. ^ Innosightサービス”. 2013年7月12日閲覧。
  6. ^ プレスリリース”. 2013年5月22日閲覧。
  7. ^ イノサイト社COOが来日し「イノベーションのジレンマ」集中講義!”. 2013年6月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]