イヌ亜目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イヌ亜目 Caniformia
生息年代: 42.00–0 Ma
Canis rufus FWS cropped.jpg

Caspian Seal.jpg
上:イヌ科アメリカアカオオカミ。主に平原棲)
中:クマ科ヒグマの親子。主に森林棲)
下:鰭脚類カスピカイアザラシ。水棲)
地質時代
約4,200万年前- 現世
新生代古第三紀始新世前期後半ルテシアン - 第四紀完新世サブアトランティックja])
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
上目 : ローラシア獣上目 Laurasiatheria
: ネコ目(食肉目) Carnivora
亜目 : イヌ亜目 Caniformia
学名
subordo Caniformia
Kretzoi1938
シノニム

Canoidea

和名
イヌ亜目
英名
suborder Caniformia
下位分類群(下目、ほか)
本文を参照 *

イヌ亜目(イヌあもく、学名subordo Caniformia)は、ネコ目(食肉目)を構成する2亜目のうちの一つで、ネコ亜目姉妹群である。「犬形亜目」「犬形獣亜目」「犬亜目」とも称す。

現在[1]知られている限りでは、約4,200万年前(新生代古第三紀始新世前期後半ルテシアン)の北アメリカ大陸平原に出現したダフォエヌス亜科(Daphoeninae。ダフォエヌス属Daphoenus]のみ。アンフィキオン科en]に属す)をもってイヌ亜目の始まりとする。 イヌ下目(化石種・現生種ともイヌ科のみ)のイヌ科、および、クマ下目に属する複数の動物群(イタチ上科en]、クマ科鰭脚類)が現生する。

呼称[編集]

学名 Caniformiaラテン語: canis 「犬」+ forma 「形」に由来する合成語。

日本語では、学名の直訳に近い「犬形類(けんけいるい、いぬけいるい)」や「犬形獣類(けんけいじゅうるい、いぬけいじゅうるい)」といった呼称があり、亜目 (subordo) の名としては「犬形亜目」および「犬形獣亜目」があるほか、一般的に最もよく用いられる「イヌ亜目」、そして、「犬亜目(けんあもく)」がある。

系統分類[編集]

上位分類[編集]

詳しくは別項の1節「ネコ目#最新の学説による分類」を参照のこと。

下位分類[編集]

アンフィキオン属en)に代表される絶滅したアンフィキオン科は、イヌ下目 (Cynoidea) とクマ下目 (Arctoidea) に先行する原始的グループであり、進化上重要な分岐位置にある分類群。クマ下目に分類される場合もある。

イヌ下目の下位分類には、現在のところ、イヌ科のみが置かれている(※よって、「イヌ下目」の該当項目は省略されている)。

既知で最古のイヌ亜目、ダフォエヌス属en始新世の北米に棲息)の全身骨格化石標本
イヌ亜目の進化史上に重要な位置を占める、アンフィキオン属en漸新世- 中新世の北米およびユーラシア全土に棲息)

系統図[編集]

イヌ亜目の下位分類群の進化系統を示す。 は「絶滅」の意。

イヌ亜目 Caniformia

アンフィキオン科 Amphicyonidae



イヌ下目 Cynoidea - イヌ科 Canidae


クマ下目 Arctoidea
クマ上科 Ursoidea

ヘミキオン科 Hemicyonidae



クマ科 Ursidae



イタチ上科 Musteloidea

レッサーパンダ科 Ailuridae




スカンク科 Mephitidae




アライグマ科 Procyonidae



イタチ科 Mustelidae





鰭脚類 Pinnipedia

エナリアルクトゥス科 Enaliarctidae




アザラシ科 Phocidae




アシカ科 Otariidae



セイウチ科 Odobenidae








脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 記述時:2009年

出典[編集]