イヌタヌキモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イヌタヌキモ
Utriculariaaustralis.jpg
イヌタヌキモの花
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
以下の分類はクロンキスト体系による
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: ゴマノハグサ目 Scrophulariales
: タヌキモ科 Lentibulariaceae
: タヌキモ属 Utricularia
: イヌタヌキモ U. australis
学名
Utricularia australis
(R.Br., 1810)
下種
  • U. a. f. fixa
    (Komiya) Komiya & Shibata (1980)
  • U. a. f. tenuicaulis
    (Miki) Komiya & Shibata (1980)
  • U. a. mod. platylobus
    (Glueck) D.Schmidt (1985)
  • U. a. mod. typicus
    (Glueck) D.Schmidt (1985)
  • U. a. var. tenuicaulis
    (Miki) S.Hatusima (1994)

イヌタヌキモ(Utricularia australis)は、水生のタヌキモ属の中型の多年生植物である[1]。地理的な分布範囲は広く、ヨーロッパ、中国や日本を含むアジアの熱帯から温帯、中央、南アフリカ、オーストラリアニュージーランド北島等で見られる。種小名australisは、ラテン語で「南の」という意味であり、この種が1810年にオーストラリアで発見されたことを反映している[1]

出典[編集]

  1. ^ a b Bruce Salmon (2001) "Carnivorous Plants of New Zealand" Ecosphere Publications

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、イヌタヌキモに関するメディアがあります。