イディオスペルムム科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イディオスペルムム科
クロンキスト体系
Idiospermum flower-cut.jpg
Idiospermumの花
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : モクレン亜綱 Magnoliidae
: クスノキ目 Laurales
: イディオスペルムム科 Idiospermaceae
学名
Idiospermaceae
S.T.Blake (1972)
下位分類
  • Idiospermum
    • Idiospermum australiense


イディオスペルムム科 (Idiospermaceae) は被子植物のひとつで、オーストラリアに産するIdiospermum australienseの11のみからなる。日本には自生種は知られていない。

形態・分布[編集]

オーストラリアクイーンズランド州の限られた地域から知られている。

分類[編集]

APG植物分類体系[編集]

APG植物分類体系ではIdiospermumロウバイ科に入れており、イディオスペルムム科は認められていない。ただし、ロウバイ科の他のすべてを合わせたものに対してこの属は姉妹群であるとしている。

被子植物 Magnoliophyta
モクレン類 magnoliids
クスノキ目 Laurales
ロウバイ科 Calycanthaceae
  • イディオスペルムム属 Idiospermum
  • ロウバイ科の他の種

クロンキスト体系[編集]

クロンキスト体系ではクスノキ目に含まれる単型の科である。

被子植物門 Magnoliophyta
双子葉植物綱 Magnolliopsida
モクレン亜綱 Magnoliidae
クスノキ目 Laurales
イディオスペルムム科 Idiospermaceae

新エングラー体系[編集]

新エングラー体系ではこの科を認めていない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]