イットリウム・アルミニウム・ガーネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イットリウム・アルミニウム・ガーネット(Yttrium Aluminum Garnet)、略称 YAG(ヤグ)とは、イットリウムアルミニウムの複合酸化物(Y3Al5O12)から成るガーネット構造の結晶である。

自然界には存在しない人工物である。

主に固体レーザの発振用媒質として、結晶製造時に他の元素をドープ(添加)して結晶構造内のイットリウムのうち数%を置き換えたものが用いられる。工業用レーザなどに最も多く用いられているのはネオジム(元素記号Nd)をドープした Nd:YAG である。

また白色発光ダイオード蛍光体人造宝石ダイヤモンド類似石としても用いられる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]