イットリア安定化ジルコニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イットリア安定化ジルコニア(YSZ)はジルコニアを元とした酸化物で、酸化イットリウムを添加して、室温下でのジルコニアの結晶構造を安定化させたものである。「ジルコニア(酸化ジルコニウム)」(化学式: ZrO2)と「イットリア(酸化イットリウム)」(化学式: Y2O3)から成っているので、このような名前が付けられている。

安定化されていないジルコニアは高温領域で相転移を起こすため、立方晶または正方晶での安定化を図るために安定化剤として、酸化イットリウムを5~10%程度加えたものである。

物的性質[編集]

硬度が高く(キュービックジルコニアの場合でモース硬度が8~8.5)、イオン伝導性に優れている。また、高温(600℃以上)で固体電解質となる。

安定化剤として酸化カルシウムを加えた、酸化カルシウム安定化ジルコニアに比べ、高温長時間での安定性が高い(脱安定化性が低い)。

応用[編集]

YSZには多くの応用がある。

関連材料として、酸化カルシウム酸化マグネシウム酸化セリウム(セリア)、または酸化アルミニウム(アルミナ)安定化ジルコニア、部分安定化ジルコニア(PSZ)がある。安定化ハフニア(酸化ハフニウム)も知られている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]