イタリック人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イタリック人Italic peoples)はヨーロッパにおける祖先集団として仮定される祖インド・ヨーロッパ人の内、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派の諸言語を用いた諸民族の総称。主にイタリア半島に定住した事から、古代イタリア人とも呼称される。イタリック人は同じ祖インド・ヨーロッパ人の諸集団(ゲルマン人ケルト人スラブ人)と並んで、ヨーロッパに重要な足跡を残した。

その最たる物はラテン・ファリスク諸族ラテン人による古代ローマ文明である。地中海世界ヨーロッパ大陸を結びつけた事は今日のヨーロッパ世界の形成にも影響を与えている。

背景[編集]

イタリック人がどの様な経緯を辿って祖インド・ヨーロッパ人や、同じく分化していったゲルマン人ケルト人スラブ人らと文化集団として分かれていったのかは定かではない。どうあれ彼らは祖インド・ヨーロッパ人による民族大移動でヨーロッパ大陸に進み、やがてアルプス山脈ポー川を越えてアペニン山脈へと辿り着いた。そこで彼らは幾つかの集団へと更に分かれ、都市や国や文明圏を作り、やがてアペニン山脈周辺の半島部は(理由は明らかではないが)イタリア半島と呼ばれる様になった。イタリック諸族は徐々に南下して半島全域とシチリア島など島嶼部にまで勢力を広げた[1]。これらは今日で言う所の中部イタリア及び南イタリアと重なる地域となる。

紀元前500年頃からその一派であったラテン人の国家ローマは急速に領土を拡大し、数度の戦争によってイタリック人を統一した。前後して前ヨーロッパ人に属するエトルリア人や同じ祖インド・ヨーロッパ人に属するケルト系の諸族との戦いを経て、古代ローマはイタリア半島を中心にした世界帝国へ躍進していく事となる。

分類[編集]

関連項目[編集]

引用[編集]

  1. ^ history of Europe : Romans”. Encylopedia Britannica. 2012年10月28日閲覧。
  2. ^ a b Strabo V, 250.

資料[編集]