イタリア賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イタリア賞(イタリアしょう、Prix Italia)はイタリア放送協会(RAI)が主催する国際番組コンクール。1948年に創設。開始当時はラジオのみだったが、その後テレビ部門も追加された。最高賞は「イタリア賞」。世界で最も歴史と権威のある国際番組コンクールのひとつ。

受賞した主な日本の番組[編集]

年表記は受賞した年。

  • 「言葉と音楽のための三つの形象」(1958年、NHKラジオ、イタリア賞)
  • 立体音楽堂「オンディーヌ」(1960年、NHKラジオ、イタリア賞)
  • テレビ指定席「魚住少尉命中」(1963年、NHK、イタリア賞)
  • 東芝日曜劇場「土曜と月曜の間」(1965年、TBS、イタリア賞)
  • 立体放送劇「コメット・イケヤ」[1](1966年、NHKラジオ、イタリア賞)
  • ドキュメンタリー「謎の一瞬」(1966年、NHK、テレビドキュメンタリー部門イタリア賞)
  • 「わが父北斎」(1972年、毎日放送、イタリア賞)
  • NHK特集「世界の科学者は予見する 核戦争後の地球 あすへの記録 空白の110秒」(1973年、NHK、テレビドキュメンタリー部門イタリア賞)
  • NHK劇場「魚が消えたとき愛はよみがえる」(1975年、NHK、イタリア賞)
  • 音楽劇「もがりぶえ」(1976年、NHK教育、RAI賞)
  • 音楽ファンタジー「葦舟」(1979年、NHK、RAI賞)
  • 四季・ユートピアノ(1980年、NHK、RAI賞)
  • FMシアター「シリーズベトナムの現代文学『戦争の悲しみ』」(2006年、NHK-FM、ラジオ・翻案ドラマ番組部門イタリア賞)
  • ハゲタカ(2007年、NHK、シリーズテレビドラマ部門イタリア賞)
  • NHKスペシャル激流中国」第11回 病人大行列(2009年、NHK、イタリア賞)
  • 火の魚(2010年、NHK、単発ドラマ部門イタリア賞)

脚注[編集]

  1. ^ 寺山修司の放送のための叙事詩。九條今日子の「旅はいつも人と会い」(『作家の旅』平凡社)p.42によれば、イタリア賞を受賞し、翻訳されて6ヵ国で招待されることになった。

外部リンク[編集]