イソ吉草酸血症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Isovaleric acidemia
分類及び外部参照情報
ICD-10 E71.1
ICD-9 270.3
OMIM 243500
DiseasesDB 29840
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

イソ吉草酸血症(Isovaleric acidemiaIsovaleric aciduriaIsovaleric acid CoA dehydrogenase deficiency)[1]分岐鎖アミノ酸であるロイシンの代謝異常を原因とする、珍しい常染色体劣性[2]先天性代謝異常症であり、 古典的な有機酸血症である。[3]

症状[編集]

汗をかいた足の裏のような独特の尿臭が特徴である。[4]この臭いはイソ吉草酸の蓄積によって引き起こされる。

半数の症例で、生後数日以内に哺乳不良・嘔吐痙攣昏睡をもたらす疲労などが見られる。これらは通常生命に関わるほど深刻である。他の症例では、小児期にゆっくりと症状が現れる。感染症、高タンパク食品を引き金に発症することもある。

診断[編集]

質量分析法による尿のスクリーニングにより早期診断が可能。[3]尿中のイソバレリルグリシン、血漿中のイソバレリルカルニチンの濃度上昇が見られる。

遺伝学[編集]

常染色体劣性遺伝パターン

この疾患は常染色体劣性遺伝する。つまり、父母双方から異常な遺伝子を受け継いだ場合に発症する。片方の親からのみ受け継いだ場合、子供はキャリアとなるが、たいてい発症はしない。

病態生理[編集]

IVD遺伝子にコードされるイソバレリルCoAデヒドロゲナーゼ(EC 1.3.99.10)は、タンパク質中の必須アミノ酸、ロイシンの代謝分解に関わる。IVD遺伝子の変異はこの酵素の活性を落とし、ロイシンの分解能力を低下させる。これによってイソ吉草酸が蓄積し、脳神経障害が起こる。

治療[編集]

タンパク質、特にロイシンの制限が行われる。急性の憎悪には、イソ吉草酸と結合するグリシンカルニチンが投与される。

また、ビオチンが投与されることもある。ビオチンはロイシン・イソロイシンの代謝に不可欠で、多くの有機酸血症患者がビオチンの恩恵を受けることができる。[5]また、他の原因でビオチンが欠乏しても、血中の有機酸濃度が上昇し、有機酸血症に似た深刻な症状が現れる。[6]ビオチン欠乏は血中の3-ヒドロキシイソ吉草酸濃度上昇によって検出できる。

疫学[編集]

米国では250,000人に1人の頻度で見られる。[1]

参照[編集]

出典[編集]

  1. ^ Online 'Mendelian Inheritance in Man' (OMIM) 243500
  2. ^ Lee, Yw; Lee, Dh; Vockley, J; Kim, Nd; Lee, Yk; Ki, Cs (September 2007). “Different spectrum of mutations of isovaleryl-CoA dehydrogenase (IVD) gene in Korean patients with isovaleric acidemia”. Molecular genetics and metabolism 92 (1–2): 71–7. doi:10.1016/j.ymgme.2007.05.003. PMID 17576084. 
  3. ^ a b Dionisi-Vici C, Deodato F, Raschinger W, Rhead W, Wilcken B (2006). “Classical organic acidurias, propionic aciduria, methylmalonic aciduria, and isovaleric aciduria: long-term outcome and effects of expanded newborn screening using tandem mass spectrometry”. J Inherit Metab Dis. 29 (2–3): 383–389. doi:10.1007/s10545-006-0278-z. PMID 16763906. 
  4. ^ Tokatli A, Oskun T, Ozalp I (1998). “Isovaleric acidemia. Clinical presentation of 6 cases”. Turk J Pediatr. 40 (1): 111–119. PMID 9673537. 
  5. ^ http://www.ommbid.com/OMMBID/the_online_metabolic_and_molecular_bases_of_inherited_disease/b/abstract/part9/ch93
  6. ^ http://www.metametrix.com/learning-center/case-studies/2004/biotin-detoxification-needs-in-cognitively-delayed-adult

外部リンク[編集]