イソ・リヴォルタ・フィディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Isofidiafront.jpg
Isofidiaback.jpg

リヴォルタ・フィディアRivolta Fidia )はイタリアの自動車メーカーイソ1967年から1974年まで生産した4ドアセダンである。

ホイールベースを延長したリヴォルタGTのシャシーに、カロッツェリア・ギアに在籍中であったジョルジェット・ジウジアーロがデザインした4ドアボディを乗せた高性能スポーツセダンで、当初はシボレー・コルベット用5,300cc、1970年以降は5,736cc、そして1972年以降はフォードV8エンジンを搭載、最終モデルは5,769cc325馬力で最高速240km/hをマークした。マセラティ・クアトロポルテデ・トマソ・ドーヴィルをライバルとしたが、1974年イソの倒産とともに消滅した。生産台数は192台、ジョン・レノンもオーナーの一人であった。