イソマルツロース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イソマルツロース
識別情報
CAS登録番号 13718-94-0
PubChem 83686
EINECS 237-282-1
特性
化学式 C12H22O11
モル質量 342.296 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

イソマルツロース (isomaltulose) は、スクロースに転移酵素を作用させて結合の仕方を変えた二糖の一種である。

三井製糖パラチノース (palatinose) として商標登録している。

天然では蜂蜜サトウキビに微量に含まれるが、量が少なくイソマルツロースとしての利用は難しい。一般に利用されるのは、工業的に砂糖から合成されたものである。

特徴・用途[編集]

素朴な甘さを持つ。日本では1985年より甘味料として用いられ、甘味料として様々な製品に用いられている。抗齲蝕性があり、1986年にはこの性質を売りにした歯磨きガムが発売された。

砂糖と同様、体内で完全に消化されるため4kcal/gの質量あたり生理的熱量を持つが、ゆっくりと分解されるため、血糖値が急激に上がるということはない。そのため特に糖尿病患者用の食事に砂糖の代わりに用いられる。

イソマルツロース還元物[編集]

還元体の糖アルコール、イソマルツロース還元物(還元パラチノース、パラチニット)も、同様の性質を持つ甘味料であり、イソマルツロース還元物を含む食品が特定保健用食品に指定されている。