イソプレン合成酵素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Isoprene synthase
識別子
EC番号 4.2.3.27
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum

酵素学においてイソプレン合成酵素(イソプレンごうせいこうそ、イソプレンシンターゼ、isoprene synthase、EC 4.2.3.27)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

ジメチルアリル二リン酸 \rightleftharpoons イソプレン + 二リン酸

酵素の基質ジメチルアリル二リン酸であり、2つの生成物イソプレンおよび二リン酸である。

この酵素はリアーゼファミリー、具体的にはリン酸エステルに作用する炭素-酸素リアーゼに属する。本酵素群の系統名はdimethylallyl-diphosphate diphosphate-lyase (isoprene-forming)である。一般的にはISPCISPSの略称が使われる。

推薦文献[編集]