イソギク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イソギク
Chrysanthemum pacificum1.jpg
イソギク(大阪府、2006年11月)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
: キク属 Chrysanthemum
: イソギク C. pacificum
学名
Chrysanthemum pacificum
シノニム

Ajania pacificaDendranthema pacificum

和名
イソギク

イソギク(磯菊、学名:Chrysanthemum pacificum)とは、キク科キク属の植物の1種。磯のということからイソギク(磯菊)の名がある。

多年草で地下茎を出して株立ちになる。葉は楕円形から倒楕円形で、大きく丸い鋸歯が入る。葉は厚く、表は緑色だが、裏側は白い毛が密生する。花期は10 - 11月頃、多数の頭花を散房状につける。花は筒状花のみで舌状花はない。つまり外側に花びら状の花が並ばない。

千葉県 - 静岡県、伊豆諸島の海岸に自生するが、各地で栽培されている。

近縁種[編集]

そっくりの姿で、花がやや大きいシオギク (D. shiwogiku (Kitam.) Kitam.) は四国の徳島県から高知県の海岸に産する。また、その変種のキノクニシオギク(キイシオギク、D. s. var. kinokuniense (Shimotomai et Kitam.) Kitam.)は両者の中くらいの大きさで紀伊半島南側の海岸線に分布する。