イセエビ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イセエビ科 Palinuridae
PanulirusJaponicus .jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
亜門 : 甲殻亜門 Crustacea
: エビ綱(軟甲綱) Malacostraca
亜綱 : 真軟甲亜綱 Eumalacostraca
上目 : ホンエビ上目 Eucarida
: エビ目(十脚目) Decapoda
亜目 : エビ亜目(抱卵亜目) Pleocyemata
下目 : イセエビ下目 Palinuridea
上科 : イセエビ上科 Palinuroidea Latreille, 1802
: イセエビ科 Palinuridae
学名
Palinuridae Latreille, 1802
和名
イセエビ科
英名
Spiny lobster

イセエビ科(イセエビか、学名Palinuridae)は、エビ目(十脚目)エビ亜目イセエビ下目の下位分類群の1つ。イセエビハコエビリョウマエビなどを含む。

特徴[編集]

全世界の熱帯から亜熱帯にかけて分布する。ほとんどは浅生だが、水深数百mほどの深海まで生息するものもいる。

成体の体長は種類によって異なるが、体長10cmを超えるものが多く、触角を除いた体長が50cmに達するニシキエビなどもいる。体つきは太短い円筒形で、や突起が多い頑丈な外骨格に覆われる。イセエビ科を総称する英語 "Spiny lobster" (スパイニーロブスター)も「棘だらけのロブスター」を意味する。また、体のみならず歩脚と第2触角も外骨格が発達し、太く強靭な構造となっている。第2触角は体長と同程度かそれ以上の長さがあるが、第1触角は細く短い。

外見はロブスターなどのザリガニ下目にも似るが、強大な鋏脚がなく、第二触角が太く硬い点で差異がある。また、淡水生の種類はいないこと、幼生期が長いことなども区別点となる。

受精卵はメスが腹脚に抱えて孵化するまで保護し、孵化した子どもはフィロソーマ幼生期を経る。

エビとしては大型種が多く、多産するものは各地で重要な水産資源となっている。また、体色や体表の突起が特徴的な種類は観賞用に飼育されたり、剥製に加工されることもある。

分類[編集]

849が知られるが、ワグエビ属 Palinustus を含めて計9属とすることもある。

参考文献[編集]