イズリアル・ツヴェーゲンバウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イズリアル・ツヴェーゲンバウム
Israel Tsvaygenbaum
生誕 1961年2月1日(53歳)
デルベントダゲスタン共和国ソビエト連邦
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
分野 絵画
テンプレートを表示

イズリアル・ツヴェーゲンバウム (Israel Tsvaygenbaum1961年2月1日 - ) は、ロシア系アメリカ人画家で、ロシアアメリカで活躍している。彼の作品は、ロシア、デルベントにある模倣芸術博物館に展示されている[1][2]

他の作品はプライベートコレクションとして、オーストリアブルガリアイギリスフランスオランダイスラエル、ロシア、アメリカなど9か国で見ることができる[3]

経歴[編集]

ツヴェーゲンバウムは世界で最も古い都市、ロシア南部のデルベントに生まれた。住民のほとんどはイスラム教徒だが、ユダヤ人もいる。ツヴェーゲンバウムの両親はユダヤ人で、父親は第二次世界大戦中にポーランドのベドジンからソ連に脱出した。母親はソ連で生まれ、山岳ユダヤ人

ツヴェーゲンバウムの絵には、彼が育った地域の生活の文化と原動力、またユダヤ人としての経歴が映し出されている。ロシアの新聞、デルベントスキエ新聞 (ロシア語: Дербентские известия[4] には、彼の作品についてこう書かれている。

「孤独と憂いのテーマは、『ノスタルジア』、『ロンリー』、 『釘付けにされた男』などの多くの作品で見られる。このテーマは、ポーランド出身の父親の姿からインスピレーションを受けた。父親は、 1939年29歳の時、茶色の疫病(ナチスのこと)から逃げるためにポーランドを離れ、その後、親族は殺害された。絵の構成は悲しみと憂いを表している」

また、新聞記事の別の段落にはこう書かれている:

「彼は穏やかで包まれたような色を好んで使っている。これは、秋色のパレットで、白樺の金色が樫の木の葉の銅色とうまく調和している。楓の木の深紅色は枯れ枝の暗さとうまく調和している」

1976年から1980年まで、ツヴェーゲンバウムはロシアのダゲスタンにあるイズベルバシ大学で美術を学んだ。1991年、ロシアクラスノダールのクバン州立大学で美術学修士号を取得。1986年には、デルベントで、『カラリング[5][6] という画家の協会を設立。『カラリング』は デルベントとダゲスタンのマハチカラにあるギャラリーで展覧会を開催した[7][8][9]

1993年11月と1994年4月、ツヴェーゲンバウムはロシアで最後の2つの個展を開催した。どちらもモスクワで開かれ、一つ目はイーストギャラリーで、[10] 二つ目の『ユダヤ人のラプソディ』は、アーティスト・セントラルハウスで開かれた。[11] [12] 『ユダヤ人のラプソディ』は父親に捧げたものである[4]

1994年7月、ツヴェーゲンバウムはダゲスタン[3] 共和国に住み続けることが困難になったため、家族と共にロシアを去った。現在、ニューヨーク州アルバニーに在住。アメリカでも油絵を続けている。彼の絵画は、普遍的なテーマとユダヤ人のテーマの両方を描き続けているが、明らかに色使いは茶系統から黄系統へ移り変わっている。

劇場[編集]

1983年から85年までの間、ツヴェーゲンバウムは絵画活動の傍ら、ロシア・ダゲスタン共和国にあるムートンユダヤ人劇場で役者として演じた。それは、民族劇を心から愛していたからである。ツヴェーゲンバウムは、『5セントの花嫁』や『デルベント出身の男、シーム』などの喜劇をデルベントとマハチカラで演じた。[13] 役者としての生活の中で、ムートンユダヤ人劇場で演じる役者たちの肖像画を描く機会を得た。その後、その役者たちの肖像画をデルベントとマハチカラ、モスクワでのアートショーで披露した。[6]

ギャラリ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 模倣芸術博物館の新しい名称は、歴史考古学博物館。
  2. ^ デッサン画2つ(インク、紙)『運命の皮肉』と『人々の悲しみ』
  3. ^ a b バイオグラフィー
  4. ^ a b ロシアの新聞:Дербентские известия - 『Еврейская Рапсодия』、M. Matatova。1994年5月6日。4ページ。
  5. ^ ロシアの新聞:Знамя Коммунизма - 『Встреча Муз』、ツヴェーゲンバウム、1988年12月1日。4ページ。
  6. ^ a b ロシアの新聞:Знамя Коммунизма - 『Гостиные художественного творчества』、B. Menaev
  7. ^ ロシアの新聞: Знамя Коммунизма - 『Выставка Колорита』, S. Lekova
  8. ^ ロシアの新聞: Знамя Коммунизма - 『Крепнут Связи』, S. Lekova
  9. ^ ロシアの新聞: Знамя Коммунизма - 『Представляет Колорита』, 1987
  10. ^ ロシア系ユダヤ人新聞: Ватан - 『Философия жизни』、1993年12月14日。 3ページ。
  11. ^ ロシア系ユダヤ人新聞:Ватан - 『ЕврейскаяРапсодия』、M. Matatova。 1994年5月13日。 3ページ。
  12. ^ レオニードバブシキン - 『ЕврейскаяРапсодия』、モスクワ、1994年。
  13. ^ ロシアの新聞:ЗнамяКоммунизма、1983年から1984年

外部リンク[編集]