イスラーム百科事典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イスラーム百科事典』 (: The Encyclopædia of Islām; : Encyclopédie de l'Islam; : Enzyklopædie des Islam) はヨーロッパ人東洋学者を中心に編纂されたイスラーム文明地理人々歴史宗教文化などの包括的な近代的百科事典である。宗教としてのイスラームのみならず文明としてのイスラームも合わせて詳細な記述を提供する。イスラーム・中東研究にかかせない信頼性ある参考図書である[注 1]

旧版 E.I.1(編纂 1913年1938年[注 2]と、新版 E.I.2(編纂 1954年2004年)があり、両版とも、ややアラブスンナ派中心的であるという欠点がある。欠点を補完したトルコ語版やイラン百科事典などが生み出されている。また2007年より第3版 (Encyclopaedia of Islam Three) の刊行が始まった。

旧版[編集]

1870年代頃からヨーロッパあるいはエジプトなどの現地でイスラームに関係する近代的体裁の事典の出版が始まっていたが、それらは質・量ともに必ずしも満足できるものではなかった。そこで1890年代に包括的な百科事典の編纂の構想がはじまり、1892年のロンドンにおける第9回国際東洋学者会議の席上、W・ロバートソン・スミスの提唱で編纂委員会が設置されることとなった。1901年ころから、M・J・デ=フーイェを委員長に、M・Th・ホウツマ英語版を編集長として作業が逐次開始された(van Donzel 1995, p. 908)。

提案から出版に至るまで種々の問題や財政難に見舞われたこともあったが[注 3]、旧版はヨーロッパにおける東洋学が頂点に達した1913年ライデンブリル学術出版から刊行が始まっている。H・A・R・ギブ英語版、E・レヴィ=プロヴァンサルらの碩学が編纂にあたった。各項目では可能な限り参考文献が呈示されレファレンスブックとしても有用な編集となっており、大項目となる項では、ほぼ研究論文なみの品質を持つ。英語フランス語ドイツ語版があり、英語版は4巻および補遺からなり、総計約5,000ページ、見出し語約9,000語に及び(Daniel 1998, p. 432)、イスラームに関する専門事典として確固たる地位を占めた。その後も新版の刊行が半世紀の長きにわたったため、新版の発刊が1990年代となったアルファベット後半部などは約50年間、参照され続けた。

一方で英語、ドイツ語、フランス語版に異同や質の差が生じるという問題も生じていた。最終的にドイツ語版の索引が刊行されたのは1941年であったが、このころには研究の劇的な深化、西アジア情勢の変化などがあり、すでに全体に古めかしい感はぬぐえないものとなっていた。また完全にヨーロッパで編集され、現地での研究などに目が行き届いていないことやオリエンタリズム的偏りも少なくなかった(Humphreys 1991, pp. 4-5)。

旧版には派生版がいくつかあり、宗教法学などを中心に再編集・軽量化し2005年までに4刷を重ねる Shorter Encyclopaedia of Islam が1954年に刊行されている。また重要なものに第1版では著しく分量を欠いたテュルク/トルコ関連の記事を独自に編集して大量に追加、イスタンブル大学を中心に編纂されたトルコ語版がある[注 4]。ほかに現地研究者の若干の加筆がなされた非公式アラビア語版、およびインド方面の記事を大幅に加えたパンジャーブ大学によるウルドゥー語版がある[注 5]。 また英語版は1987年に9分冊でリプリントが出ている。それぞれについて、後述の書誌も参照。

新版[編集]

1950年前後には、旧版の刊行開始から約40年が過ぎ研究の深化も著しいものであった。さらに、第二次世界大戦後に中東世界は一変し、独立国家群の出現や中東戦争石油の重要性の激増によって、近現代史を中心にさらなる情報の充実した参考図書が求められるようになった。そこで旧版をベースとして補足・訂正、さらに項目を追加[注 6]して新版の編纂が始まった。

新版は旧版同様ブリル学術出版より英仏語(ドイツ語版は省かれた)で各巻分冊形式で発行されているが、第1巻第1分冊が刊行されたのが1954年である。その後1960年までに第1巻分がすべて刊行された。地図図版を含み、旧版にもまして文献表の完備が目指されている。ほかに地理文学科学美術の分野、および地域的に中東以外の項目を大幅に増補している(三浦 1998, p. 26)。また概念的な大項目などでは、各地域各時代ごとに章を設けて、専門家が執筆しており非常に詳細である。全体の量も膨大であり、本巻および補遺をあわせて全12巻、総計約20,000ページ、見出し語14,000語前後に及ぶ。その知識の海の圧倒的量により、ほとんど絶対的な評価を確立しているのである。刊行には約半世紀を要し、最終12巻の補遺が発刊されたのが2004年のことである。膨大さゆえに見出し語だけでは十分な検索が期待できないため、ほかに語彙索引などが3冊刊行されており、2006年初頭現在、付録などのさらなる刊行が予定されている。また2002年にCD-ROM版が頒布、2003年以降、オンライン版が運用されている。

『イスラーム百科事典』新版はしかしながら、必ず参照されるという立場にあるために完璧さが期待され、かえって瑕疵として指摘される点も少なくない。

その中でも最大のものは旧版のアラブ・スンナ派中心的な編集方針と、オリエンタリズム的偏りを引きずっているというものである。比較すれば旧版よりは大幅に改善しているとはいえ、アラブの文化・地理・政治などそれぞれが非常に詳細であり、場合によっては煩雑といえるほど詳細に記述される一方、イランテュルク/トルコについては前イスラーム期の記述は著しく少なく、イスラーム化以降についても叙述はアラブに比して非常に少ない。イスラームについてもシーア派の諸分派などについてはスンナ派ほど充実しているとはいえず、またキリスト教徒ユダヤ教徒への目配りも中東中心部以外についてはかなり欠落している。

さらに中東以外のインド東南アジア方面は壊滅的で、シリアの地方都市ヒムスについて地図付き6ページが割かれるのに対し、現在のトルコの首都アンカラが3ページ、21世紀初頭現在、世界最大のムスリム人口を持つインドネシアの首都ジャカルタに至っては半ページの記述で人口統計は1940年のものである(Daniel 1998, p. 434)。これは編集に考証学的な好古趣味があるためではないかという批判を招いており(Hodgson 1974, p. 40)、近現代よりも前近代を重視するために発生する偏りであるといえよう。おそらくは新版も旧版のヨーロッパ的東洋学を受け継ぎヨーロッパ人が中心となって編纂したものであり、近現代についての社会科学を中心としたアメリカでの研究を限定的にしか受け入れることができなかったことが影響しているともいえる。

アラブ中心的なあり方は見出し語の立て方に如実である。ヨーロッパ語による事典ではあるが、ほとんどの項目がアラビア語で立てられる。たとえば「百科事典」は Encyclopaedia あるいは Encyclopédie ではなく、アラビア語の転写 Mawsūʿa で立てられる。同様のものに衣類Libāsなどがある。人名などについても近現代にいたるまで、ほとんどがアラビア語で立てられトルコ語読みやペルシア語読みで立てられることは例外的である。ラテン文字転写も独特でジーム (ج: j) はdj、カーフ (ق: q) はḳで引かなければならない。以上のような点で、アラビア語をそれなりに解さなければ見出し語にたどり着くことは困難であり、専門の研究者であってもとまどうことが少なくない。このような傾向が、旧版トルコ語版での膨大なトルコ関連記事の挿入、あるいは新版のイランでの翻訳作業から生まれることになるイラン百科事典などを生み出す直接の契機となっている。

編集方針に関しては非常に放任的で全体のスタイルに統一性が見られない。たとえばある王朝の項目では、君主別に見出しを立てるものもあれば、政治や文化などそれぞれで項目を立てて時系列的には前後するものなどさまざまである。またその膨大な量ゆえに見出し語の項目には記述されていないのに、関係項目で重要な記載があるなどの混乱も見られる。これはスタイルに関する問題以前に編集の問題であり、項目の重要性とその分量に統一的な基準が設定されていないことによる。これに先述のような考証学的好古趣味が混乱を助長しているとも言える。

このような種々の問題点を含みつつも、図書館にまず完備されるべき浩瀚な参考図書との位置づけは全く揺らぐものではなく、専門研究者に多大な恩恵をもたらしている。

書誌[編集]

旧版[編集]

  • M. Th. Houtsma et al., eds., The Encyclopædia of Islām: A Dictionary of the Geography, Ethnography and Biography of the Muhammadan Peoples, 4 vols. and Suppl., Leiden: Late E.J. Brill and London: Luzac, 1913-38. (英語版。各巻詳細は以下の通り)
    • Vol.1. A-D, M. Th. Houtsma, T. W. Arnold, R. Basset eds., 1913.
    • Vol.2. E-K, M. Th. Houtsma, A. J. Wensinck, T. W. Arnold eds., 1927.
    • Vol.3. L-R, M. Th. Houtsma, A. J. Wensinck, E. Levi-Provençal eds., 1936.
    • Vol.4. S-Z, M. Th. Houtsma, A. J. Wensinck, H. A. R. Gibb, eds., 1934.
    • 補遺(補遺の編者はいずれもM. Th. Houtsma, A. J. Wensinck, H. A. R. Gibb)
      • Suppl. No.1. Ab-Djughrafiya, 1934.
      • Suppl. No.2. Djughrafiya-Kassala, 1936.
      • Suppl. No.3. Kassala-Musha'sha', 1937.
      • Suppl. No.4. Musha'sha'-Taghlib, 1937.
      • Suppl. No.5. Taghlib-Ziryab, 1938.
  • M. Th. Houtsma, R. Basset et T. W. Arnold, eds., Encyclopédie de l'Islam: Dictionnaire géographique, ethnographique et biographique des peuples musulmans. Publié avec le concours des principaux orientalistes, 4 vols. avec Suppl., Leyde: Brill et Paris: Picard, 1913-1938. (フランス語版)
  • M. Th. Houtsma, R. Basset und T. W. Arnold, herausgegeben von, Enzyklopaedie des Islām : geographisches, ethnographisches und biographisches Wörterbuch der muhammedanischen Völker, 5 vols., Leiden: Brill und Leipzig : O. Harrassowitz, 1913-1938. (ドイツ語版)
  • M. Th. Houtsma et al., eds., E.J. Brill's first encyclopaedia of Islam, 1913-1936, Leiden: E. J. Brill, 8 vols. with Supllement (vol. 9), 1991. ISBN 9004097961 (英語版の1991年リプリント版。2005年現在多くの図書館で見られるものはこの版)

旧版の派生版と非公式他言語版[編集]

  • H. A. R. Gibb and J. H. Kramers eds. on behalf of the Royal Netherlands Academy, Shorter Encyclopäedia of Islam, Leiden: Brill, 1953. ISBN 9004006818 (ISBNは1995年E. J. Brill版の第4刷。こちらもアラビア語やウルドゥー語などへの翻訳があるが省略)
  • M. Th. Houtsma et al. eds., İslâm ansiklopedisi : İslâm âlemi coğrafya, etnografya ve biyografya lûgati, 13 in 15 vols., İstanbul: Maarif Matbaası, 1940-1988. (トルコ語版)
  • يصدرها باللغة العربية احمد الشنتناوي ، ابراهيم زكي خرشيد ، عبد الحمید يونس، دائرة المعارف الاسلامية : اصدر بالالمانية والانكليزية والفرنسية واعتمد في الترجمة العربية على الاصلين الانكليزي والفرنسي، الطبعة ٢، القاهرة: دار الشعب، -۱۹٦۹ (アラビア語訳の第2版。書誌はごく一般的なカイロ版。ベイルート版もある[注 7]。初版は1933年頃で出版年未詳。1969年からの第2版がもっぱら参照されるが途中で止まっており未完[注 8])。
  • محمود ‌الحسن عارف، مختصر اردو دائرۀ معارف اسلامیه، لاهور:دانشگاه پنجاب، ۲۵ ج.ها،۱۹۵۹-۱۹۹۳(ウルドゥー語版。1959年から1993年。完成)

新版[編集]

  • H. A. R. Gibb et al. eds, Encyclopædia of Islām, new ed., 12 vols. with Indexs and etc., Leiden: E. J. Brill, 1960-. (英語版。各巻細目は以下の通り。それぞれ分冊で発行されているが出版年は巻としての出版年を示す)
    • Vol. 1, A-B, H.A.R. Gibb, J.H. Kramers, E. Lévi-Provençal, J. Schacht (pp. 1-320); B. Lewis, Ch. Pellat, J. Schacht (pp. 321-1359) eds., 1960. ISBN 9004081143
    • Vol. 2, C-G, B. Lewis, Ch. Pellat, J. Schacht eds., 1965. ISBN 9004070265
    • Vol. 3, H-Iram, B. Lewis, V.L. Ménage, Ch. Pellat, J. Schacht eds., 1979. ISBN 9004081186
    • Vol. 4, Iran-Kha, E. van Donzel, B. Lewis, Ch. Pellat (pp. 1-256); C.E. Bosworth, E. van Donzel, B. Lewis, Ch. Pellat (pp. 257-768) eds., 1978. ISBN 9004057455
    • Vol. 5, Khe-Mahi, C.E. Bosworth, E. van Donzel, B. Lewis, Ch. Pellat eds., 1986. ISBN 9004078193
    • Vol. 6, Mahk-Mid, C.E. Bosworth, E. van Donzel, Ch. Pellat eds., 1991. ISBN 9004081127
    • Vol. 7, Mif-Naz, C.E. Bosworth, E. van Donzel, W.P. Heinrichs, Ch. Pellat eds., 1993. ISBN 9004094199
    • Vol. 8, Ned-Sam, C.E. Bosworth, E. van Donzel, W.P. Heinrichs, G. Lecomte eds., 1995. ISBN 9004098348
    • Vol. 9, San-Sze, C.E. Bosworth, E. van Donzel, W.P. Heinrichs, G. Lecomte eds., 1997. ISBN 9004104224
    • Vol. 10, T-U, P.J. Bearman, Th. Bianquis, C.E. Bosworth, E. van Donzel, W.P. Heinrichs eds., 2000. ISBN 9004112111
    • Vol. 11, V-Z, P.J. Bearman, Th. Bianquis, C.E. Bosworth, E. van Donzel, W.P. Heinrichs eds., 2002. ISBN 9004127569
    • Vol. 12, Supplement, P.J. Bearman, Th. Bianquis, C.E. Bosworth, E. van Donzel, W.P. Heinrichs eds., 2004. ISBN 9004139745
    • Glossary and index of terms to v. 1-9, 1999. ISBN 9004116354
    • Index of proper names v. 1-10, 2002. ISBN 9004121072
    • Index of subjects, fasc. 1, compiled by P. J. Bearman, 2005. ISBN 9004143610
    • An Historical Atlas of Islam, William C. Brice ed., 1981. ISBN 9004061169

派生版[編集]

新版出版後新版の記述をとりいれ残りを旧版でカバーしている類のもの

  • احسان یارشاتر. دانشنامه ایران و اسلام. تهران: بنگاه ترجمه و نشر کتاب. ۲۵۳۴(イランで独自に翻訳・増補を企画したペルシア語版。イスラーム革命で頓挫するが、イラン百科事典の原型となる。イラン皇帝暦2534年(1976年)以降の刊行で1978年まで)
  • E. van Donzel, Islamic desk reference: compiled from The Encyclopaedia of Islam, Leiden: E. J. Brill, 1994. ISBN 9004097384 (刊行時新版項目があれば新版を、なければ旧版から要約した用語集)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Humphreys 1994, p. 4の指摘が端的。ほかにも東長 1995, p. 2や三浦 1998, p. 26など。また日本のイスラーム・中東研究者のあいだで単に「エンサイクロペディア」といえばこの新版を指す。
  2. ^ 刊行年は英語版。英独仏版が同時編集。
  3. ^ たとえば1908年にそれまで集めた原稿だけを未編集で議論のないまま印刷した版がある。この版がライデンのブリルの後援で発刊され、その後のライデン刊行が決定的となるきっかけとなった(van Donzel 1995, p. 908)。
  4. ^ Gabriel 1948が詳しいレビュー。日本語では新井 1998を参照。
  5. ^ Hamidullah 1961が詳しい紹介。
  6. ^ 多少、削除されたり統合された項目もある。特に君主人名記事は王朝記事に統合されたものが多い。
  7. ^ NACSIS Webcatによる。
  8. ^ 東長 1995, p. 3によると1995年現在でアインの途中まで。またBritish Library Online Integrated Catalogueを見ると刊行はかなり以前に止まっている模様。

参考文献[編集]

  • 新井政美 「イスラム百科事典(トルコ語版)」『歴史学事典』6: 歴史学の方法、弘文堂、1998年、25–26頁。ISBN 978-4-335-21036-5
  • 三浦徹 「イスラム百科事典(トルコ語版)」『歴史学事典』6: 歴史学の方法、弘文堂、1998年、26頁。ISBN 978-4-335-21036-5
  • 東長靖 「工具類」『イスラーム研究ハンドブック』別(講座イスラーム世界)、東長靖、三浦徹、黒木英充編、栄光教育文化研究所、1995年、2-16頁。ISBN 4897110017
  • Daniel, E. L. (1998). “Encycloædia of Islam”. In Yarshater, E.. Encycloædia Iranica. 8. Costa Mesa: Mazda. pp. 432–435. ISBN 156859058X.  (旧版についての記述は少ないが、非アラブ関連記事の不足などを批判しつつバランスよくまとまっている)
  • van Donzel, E. (1995). “Mawsūʿa”. The Encyclopædia of Islām. 6 (new ed.). Leiden: E. J. Brill. pp. 908–910. ISBN 9004081127.  (旧版に関して詳細な記述がある)
  • Gabriel, A. (1948). “La traduction turque de l'Encyclopédie de l'Islam”. Journal Asiatique 236: 115–122. 
  • Hamidullah, M. (1961). “The Urdu Edition of the Encyclopædia of Islam”. Die Welt des Islams new ser., 6 (3/4): 244–247. 
  • Hodgson, M. G. S. (1974). The Venture of Islam: The classical age of Islam. 1. University of Chicago Press. ISBN 0226346773.  (画期的イスラーム通史と評価され、刊行以来30年、教科書として用いられることが多い)
  • Humphreys, R. Stephen (1991). Islamic History: A Framework for Inquiry. Princeton University Press. ISBN 0-691-00856-6.  (方法論を含むアメリカの大学学部レヴェルの教科書的通史)

外部リンク[編集]