イスキア島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イスキア島
プローチダ島からの眺め
プローチダ島からの眺め
座標 北緯40度43分 東経13度54分
面積 46.3 km²
海岸線長 - km
最高標高 787 m
所在海域 ナポリ湾
所属諸島 フレグレエ群島
所属国・地域 イタリアの旗 イタリア
Capri and Ischia map.png
テンプレートを表示

イスキア島イタリア語: isola d'Ischia)は、イタリアナポリ湾に浮かぶフレグレエ群島英語版最大の島で、プローチダ島とヴィヴァラ島の西に位置する。

地理[編集]

面積は約46.3平方キロメートルで、島の象徴ともいえる中央に位置する高さ787メートルのエポメーオ山は、14世紀から活動を停止している休火山である。 島民のほとんどは、ブドウ畑の仕事で生計をたてている[1]

歴史[編集]

前8世紀半ば頃、ギリシア人が植民市ピテクサイを設けた。ギリシア本土やイベリア半島を結ぶ地中海交易の中継地としての役割を果たしたほか、近隣でエルバ島の鉄鉱石を用いて金属加工を行っていたように、ギリシア本土では乏しい金属資源を入手する狙いもあったと推測されている。

行政[編集]

島東部の半島に位置するアラゴン城。左後方にベスビオス山、右後方にカプリ島が見える

イスキア島の行政は6つのコムーネに分れている。

脚注[編集]

  1. ^ 大久保雅弘著『地球の歴史を読みとく -ライエル「地質学原理」抄訳-』古今書院 2005年 65ページ

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]