イシュトリルショチトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イシュトリルショチトル

  1. イシュトリルショチトル・オメトチトリ(Ixtlilxochitl Ometochtli, 1390?-1418?年)。ネサワルコヨトルの父であり、テツココ王。アスカポツァルコ英語版の王テソソモク英語版との覇権争いに敗れ、殺害された。
  2. エルナンド・イシュトリルショチトル(Hernando Ixtlilxochitl, 1500?-1531年)。ネサワルピリの息子で、ネサワルコヨトルの孫に当たる人物。スペイン人征服者エルナン・コルテス到来時には、スペイン側に味方し、テノチティトラン攻略に協力した。
  3. フェルナンド・デ・アルバ・イシュトリルショチトル(Fernando de Alva Ixtlilxochitl, 1578-1650年)。植民地時代メキシコ(ヌエバ・エスパーニャ)の代表的先住民記録者の一人であるが、血の上ではカスティソ。母方にテツココ王家とテオティワカン領主の血を引く。『テスココ王国史』、『チチメカ族の歴史(ヌエバ・エスパーニャの歴史)』などの歴史書をスペイン語で書き残した。