イシュケンベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギリシャのパツァス(πατσάς
シュケンベ・チョルバ

イシュケンベトルコ語:İşkembe)とは、トルコギリシャブルガリアマケドニア共和国セルビアルーマニア等のバルカン半島とその周辺でみられる臓物のスープである。酢やレモン果汁で味付けされることもある。一般に、二日酔いに効くと信じられている。イシュケンベは、一般に牛乳とヒマワリ油が調理に使われ、ニンニク、酢、唐辛子などで味付けされる。

各地域のイシュケンベ[編集]

セルビア語およびブルガリア語ではシュケンベ・チョルバШкембе чорба / Shkembe chorbaŠkembe čorba)、マケドニア語ではチュケンベ・チョルバЧкембе чорба / Čkembe čorba)と呼ばれる。セルビアでは、新鮮なウシの胃袋をタマネギ、ニンニク、パプリカとともに調理する。揚げたベーコンとニンニクなどで味付けされる。

ギリシャ語ではパツァスπατσάς / patsás)と呼ばれる。これはトルコ語で「足」等を意味する言葉「paça」に由来する。トルコ語の「işkembe」に由来するスケンベスσκεμπές / skempés)の呼び名もまた広く用いられている。ギリシャ版では仔牛の足を用いることもあり、赤ブドウ酢やニンニク、アボゴレモノ(avgolemono)で味付けされる。

ルーマニア語ではチョルバ・デ・ブルタciorbă de burtă)と呼ばれ、ブタの脚のスープ、チョルバ・デ・チョカネレ(ciorbă de ciocănele)の変種として、これと同様に調理して供される。

また、異なる種類の胃袋のスープはチェコでよく見られ、ドルシュチコヴァー・ポレーフカdršťková polévka)と呼ばれる。これもまた、二日酔いに効くとされている。

呼称[編集]

トルコ語で「イシュケンベ」(İşkembe)とは「腹」あるいは「胃」を意味し、「チョルバ」(çorba)とは「スープ」を意味する。いずれも、ペルシャ語に起源を持つ言葉である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]