イシメール・ベア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イシメール・ベア
Ishmael Beah
生誕 1980年11月23日
シエラレオネボンチ地区モグブエモ
国籍 シエラレオネ
職業 人権活動家
テンプレートを表示

イシメール・ベア(Ishmael Beah、1980年11月23日[1]- )はシエラレオネの元少年兵で、現在は人権活動家。2007年に著書「戦場から生きのびて ぼくは少年兵士だった」を発表した。

現在、ユニセフ親善大使を務め、「戦災で影響を受けた子供の地位向上」分野でエミネント・アドボケートとなっている。

略歴[編集]

1991年シエラレオネ内戦が勃発し、反政府勢力がイシメール・ベアの故郷の町モグブエモを襲い家族と離れ離れになり13歳で少年兵にされる。ユニセフに救出されるまでほぼ3年間は政府軍で戦闘を行なった。1997年に首都フリータウンに逃れ、その後ニューヨークへ脱出。ニューヨークでは国連国際学校で教育を受け、卒業後はオーバリン大学にて政治学で2004年に学位を取った。

ベアはシエラレオネ政府軍に属していた際、麻薬覚醒剤を与えられ洗脳され続けた。その時の経験を2007年に著書「戦場から生きのびて ぼくは少年兵士だったA Long Way Gone: Memoirs of a Boy Soldier)」として発表した。

著書[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ UNICEF, Youth leadership profiles, . Retrieved February 15, 2007.

外部リンク[編集]