イシコリドメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イシコリドメまたはイシコリトベは、日本神話に登場するである。作鏡連(かがみづくりのむらじ)らの祖神、天拔戸または天糠戸の子とされている。『古事記』では伊斯許理度売命、別名 櫛石窓神、豊石窓神、『日本書紀』では石凝姥命または石凝戸邊命と表記されている。

神話での記述[編集]

岩戸隠れの際に八咫鏡を作った。ちなみに日前神宮・國懸神宮和歌山市)には八咫鏡に先立って鋳造された鏡である日像鏡・日矛鏡(ひがたのかがみ・ひぼこのかがみ)がある。日像鏡は日前神宮の神体、日矛鏡は國懸神宮の神体となっている。

天孫降臨の際瓊瓊杵尊(ににぎ)に附き従って天降るよう命じられ、天児屋命(あめのこやね)、太玉命(ふとだま)、天鈿女命(あめのうずめ)、玉祖命(たまのおや)と共に五伴緒の一人として随伴した。

解説[編集]

名前は、石(イシ)の鋳型を用いて鋳造することに精通した(コリ)特別の女性(トメまたはトベ)の意味である。

鋳物の神・金属加工の神として信仰されている。鞴神社(大阪市天王寺区)、中山神社岡山県津山市)、鏡作坐天照御魂神社(奈良県磯城郡)、岩山神社岡山県新見市)などに祀られる。

関連項目[編集]