イザベル・デ・バルセロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イザベル・デ・バルセロスIsabel de Barcelos, 1402年 バルセロス - 1465年10月26日 アレバロ)は、ポルトガルの貴族女性。アヴィシュ王朝の開祖ジョアン1世の庶長子であるバルセロス伯アフォンソの娘で、ポルトガル軍総司令官(Condestável de Portugal)、およびサンティアゴ・ダ・エスパーダ騎士団Ordem Militar de Sant’Iago da Espada)総長を務めた叔父ジョアン王子と結婚した。父が1443年に初代ブラガンサ公を受爵したため、イザベル・デ・ブラガンサIsabel de Bragança)と呼ばれる場合がある。

バルセロス伯とその最初の妻でヌノ・アルヴァレス・ペレイラ将軍の娘のベアトリス・ペレイラ・アルヴィム(1380年 - 1415年)の間の第2子、長女として生まれた。1424年に父の異母弟であるレゲンゴシュ領主のジョアン王子と結婚し、間に4人の子女をもうけた。

  • ディオゴ(1423年 - 1443年) - ポルトガル軍総司令官
  • イザベル(1428年 - 1496年) - 1447年、カスティーリャ王フアン2世と結婚
  • ベアトリス(1430年 - 1506年) - 1447年、ヴィゼウ公フェルナンドと結婚
  • フィリパ(1432年 - 1450年頃) - アルマダの女領主