イザベラ・ダラゴナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イザベッラ・ダラゴーナ、ラファエロ

イザベッラ・ダラゴーナ(Isabella d'Aragona, 1470年10月2日 - 1524年2月11日)は、ミラノジャン・ガレアッツォ・スフォルツァの妃。

ナポリアルフォンソ2世イッポーリタ・マリーア・スフォルツァフランチェスコ・スフォルツァビアンカ・マリーア・ヴィスコンティの長女)の長女としてナポリで生まれた。

従兄にあたるジャン・ガレアッツォ・スフォルツァと1489年に結婚。フランチェスコ、イッポリータ・マリーア、ボナの3子を生んだ。夫の死後、父、兄も相次いで亡くなったため、バーリ公、ロッサーノ公の称号を相続した。1512年に長男フランチェスコは落馬事故で死に、彼女より長生きしたのは娘ボナだけだった。

レオナルド・ダ・ヴィンチの『モナ・リザ』のモデルではないかといわれている。ラファエロによって描かれた肖像画も残っている。