イザベッラ・デステ (パルマ公妃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イザベッラ・デステ

イザベッラ・デステIsabella d'Este, Duchessa di Parma, 1635年10月3日モデナ - 1666年8月21日コロルノ)は、パルマ・ピアチェンツァ公ラヌッチョ2世の2人目の妃。モデナおよびレッジョ公フランチェスコ1世・デステとパルマ・ピアチェンツァ公ラヌッチョ1世の娘マリーア・ファルネーゼとの娘として生まれた。

ラヌッチョ2世は最初の妻マルゲリータ・ヴィオランテ・ディ・サヴォイアの死後、父の妹の娘である従妹のイザベッラと結婚することになり、1663年に結婚が発表された。イザベッラがパルマを訪れ、2人は1664年2月18日に初めて出逢った。その際には大きな祭と音楽会が催された。

結婚により以下の3児をもうけた。

オドアルドを産んだ数日後の8月21日にコロルノで亡くなった。イザベッラの死後、ラヌッチョ2世はイザベッラの妹マリーア・デステと再婚した。