イサーク・シュワルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イサーク・シュワルツロシア語: Исаак Иосифович Шварц, ラテン文字:Isaac SchwartzまたはIsaak Shvarts, 1923年5月13日 - 2009年12月27日)は、ロシア作曲家

ウクライナのロムヌイ出身。1930年に一家はレニングラード(現在のサンクトペテルブルク)に移住した。そこでイサークはピアノを学び始め、1935年レニングラード・フィルハーモニー交響楽団との共演でコンサートデビューを果たした。

しかし1936年レニングラード大学の考古学教授だった父が大粛清で逮捕される[1]と、家族はキルギスに追放された。イサークはフルンゼ(現在のビシュケク)で個人的に音楽の勉強を続け、また無声映画のピアノ伴奏者として働いた。

独ソ戦が始まると、赤軍合唱隊の指揮者となった。このころドミートリイ・ショスタコーヴィチと面識を得、ショスタコーヴィチの尽力でレニングラード音楽院に入学できた。1951年に音楽院を卒業し、1955年ソビエト連邦作曲家同盟に加入した。

100本以上の映画音楽作曲し、代表作にはドストエフスキー原作の『カラマーゾフの兄弟』(1969年)や黒澤明監督の『デルス・ウザーラ』(1975年)などがある。

映画音楽以外の作品には、バレエ劇付随音楽などがある。2000年にサンクトペテルブルクで初演された管弦楽曲『黄色いダビデの星』はリトアニアコヴノ・ゲットーでの実話に着想を得ている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]