イサック・ブストス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イサック・ブストス
基本情報
本名 イサック・ブストス
通称 Tortas
階級 ミニマム級
身長 163cm
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 1975年2月16日(39歳)
出身地 メキシコシティ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 38
勝ち 25
KO勝ち 13
敗け 10
引き分け 3
テンプレートを表示

イサック・ブストスIsaac Bustos、男性、1975年2月16日 - )は、メキシコプロボクサー。元WBC世界ミニマム級王者。

来歴[編集]

1995年2月15日、プロデビュー。

2000年8月5日、NABF北米ミニマム級王座決定戦でヘスス・バルガス(メキシコ)と対戦し、2回負傷ドローで王座獲得ならず。

2000年10月28日、NABF北米ミニマム級王座決定戦でヘスス・バルガスと再戦し、3-0の判定勝ちで王座を獲得した。以後、7度の防衛に成功した。

2004年12月18日、WBC世界ミニマム級王者イーグル京和タイ王国角海老宝石)に挑戦。3回にイーグルが右肩甲骨関節窩を骨折し、4回序盤に棄権。TKO勝ちで王座を獲得した。

2005年4月4日、初防衛戦で高山勝成日本グリーンツダ)と対戦し、0-3の判定負けで王座から陥落した。

2006年2月18日、WBO世界ミニマム級王者イヴァン・カルデロンプエルトリコ)に挑戦し、0-3の判定負けで王座獲得ならず。

2008年8月29日、ドローレス・ビダルメキシコ)と対戦し、3-0の判定勝ち。

2008年12月8日、亀田大毅(日本/亀田)と対戦し、3回KO負け。ちなみにフライ級以上の契約ウェートでジョー小泉が明らかに体格差がありすぎるマッチメークとして拒否したことで亀田家から疎遠になっていったとされている。

2009年5月16日、メキシコティフアナで、デビット・ガスパルアメリカ)と対戦したが、6回2分38秒TKO負けを喫した試合を最後に現役を引退した。

現在はサンフェルのトレーナーを務めており、フランシスコ・ロドリゲス・ジュニアがブストスと同じミニマム級で世界王者になった。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
イーグル京和
第9代WBC世界ミニマム級王者

2004年12月18日 - 2005年4月4日

次王者
高山勝成