イグラ (ドッキングシステム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イグラロシア語: Игла、針の意)はソ連ソユーズ宇宙船の自動ドッキングシステム[1]

最初の試作型は1965年後半に作成された。1967年10月30日、最初のソユーズの無人ドッキングが行われた[2][3]

問題[編集]

  • 1967年8月26日、ソユーズ15号ミッションでサリュート3号へのドッキングを行うが、システムの不具合により断念。このとき、手動のバックアップシステムはなかった[4]
  • 1976年6月22日に打ち上げられたサリュート5号は発展型の電波システムを搭載していたが、1976年7月6日、ソユーズ21号は自動ドッキングに問題をがあったが、手動でのドッキングが可能であった。ソユーズ23号はシステムの不具合によりステーションへの接近に失敗し、ミッションを断念して地球に帰還した[5]

クルス[編集]

1986年、イグラの役割は後継のクルスドッキングシステムに引き継がれた。クルスはソユーズTM-2ミッションで最初に使用された[6][7]

参考文献[編集]

  1. ^ Sven Grahn. “The IGLA radio system for rendez-vous and docking”. 2012年8月1日閲覧。
  2. ^ http://www.niitp.ru/en/directions/02/history/ [リンク切れ]
  3. ^ Soyuz and Progress Spacecraft, Historic Spacecraft
  4. ^ Soyuz 15, Encyclopedia Astronautica
  5. ^ Spacecraft: manned: Almaz, RussianSpaceWeb.com
  6. ^ Soviet automated rendezvous and docking system overview. NASA Automated Rendezvous and Capture Review. Executive Summary p 34-35.
  7. ^ http://www.spacefacts.de/mission/english/soyuz-tm2.htm

外部リンク[編集]