イグナーツ・ベーゼンドルファー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イグナーツ・ベーゼンドルファー(1859年)

イグナーツ・ベーゼンドルファー(Ignaz Bösendorfer、1796年7月28日 - 1859年4月14日)は、オーストリアピアノ製造技師であり、ピアノメーカー、ベーゼンドルファーの創業者である。

人物・来歴[編集]

1796年、オーストリアウィーンで家具職人の家に生まれる。19歳の時、ピアノ・オルガン製作者のジョセフ・ブロードマンに弟子入りし、ピアノ製作技術の腕を磨く。

1828年、ピアノ製作者として独立し、1830年にはオーストリア皇帝フランツ1世から「宮廷及び会議所ご用達のピアノ製造技師」の称号が与えられる[1]。イグナーツの製作したピアノは、フランツ・リストの激しい演奏に耐え抜いたことでその評判が欧州全土に広がり、ベーゼンドルファーの名は一躍有名なものとなった。この成功が、リストとベーゼンドルファーの永年にわたる親交を生み出したといわれている[2]

1839年1845年にはウイーンで開かれた産業博覧会で最優秀賞のゴールドメダルを獲得する[3]。彼の製作したピアノの需要はその頃から急増し、それに応じるため新工場を建設するが、1859年、新工場が始動する前にイグナーツ・ベーゼンドルファーはこの世を去る。ベーゼンドルファーのピアノ事業はその後、息子ルートヴィヒによって受け継がれる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ピアノの歴史』河出書房新社、2009年、ISBN 4-30927-086-7:54頁
  2. ^ 『ピアニスト・ガイド』吉澤ヴィルヘルム、青弓社、2006年、ISBN 4-7872-7208-X:205頁
  3. ^ 『新装普及版 楽器の事典 ピアノ』東京音楽社、1988年 ISBN 4-88564-124-1:114頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]