イグナリナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イグナリナ
Ignalina
イグナリナの通り
イグナリナの通り
イグナリナの市章
市章
位置
イグナリナの位置(リトアニア共和国)の位置図
イグナリナの位置(リトアニア共和国
座標 : 北緯55度20分20秒 東経26度10分00秒 / 北緯55.33889度 東経26.16667度 / 55.33889; 26.16667
歴史
文献に登場 1810年
市に制定 1950年
行政
リトアニアの旗 リトアニア
 地方 アウクシュタイティヤ
  ウテナ県
 自治体 イグナリナ地区自治体
 市 イグナリナ
人口
人口 2009年現在)
  市域 6,008人
その他
等時帯 EET (UTC+2)
夏時間 EEST (UTC+3)
郵便番号 LT-30001
公式ウェブサイト : http://www.ignalina.lt/

イグナリナリトアニア語: IgnalinaIgnalina.ogg 発音[ヘルプ/ファイル])は、リトアニア東部の都市イグナリナ原子力発電所で有名であるが、この発電所はイグナリナではなく近くのヴィサギナスにある。

イグナリナの語源は、イグナス (Ignas) という男性とリナス (Linas) という女性のカップルのそれぞれの名前であると言われている。

考古学的見地から、石器時代からこのあたりには人が住んでいたことが明らかとなっているが、イグナリナという地名が初めに言及されたのは1810年になってからのことであった。1866年ワルシャワ=サンクトペテルブルク鉄道が敷設され、街は発展し始める。当時は新興工業都市として発展したが現在では観光地として見なされており、アウクシュタイティヤ国立公園への観光客が多い。

関連項目[編集]