イグナシオ・ベリスタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イグナシオ・ナチョ・ベリスタインIgnacio "Nacho" Beristain1942年12月23日 - )は、メキシコボクシングトレーナーマネージャーベラクルス州アクトパン出身。

数多くの名選手を育て上げた世界有数の名トレーナーであり、名伯楽として名高い。その反面、マネージャーとしての評価は低く、門下のマルケス兄弟の不遇などを例に上げ、そのマネージメント能力が疑問視されている。しかしジョー小泉いわく「勝たせるのがうまい」という戦術家ぶりでメキシカンの日本人キラーぶりの影に彼の姿が多く見受けられる。門下生を一から指導する才能よりも、依頼を受けた一試合のみで選手を勝たせてしまうことが得意といえる。特にメンタル面とディフェンスの指導に定評があり、王座になった時と勝利を勝ち取った時はどうなのかと行ったことを話したりしてメンタル向上を図ったり、ディフェンスでは門下生の試合映像を見せて、アドバイスをしてディフェンスの不安を取り除いたりしている。

トレードマークの口髭と丸メガネ、ナチョの愛称でボクシングファンに広く知られている。

来歴[編集]

7歳でボクシングを始め、アマチュアを経験した後、アルトゥーロ・エルナンデス門下でプロボクサーとなったが、視力が弱く活躍は出来なかった。

1959年、右目の負傷により引退し、トレーナーの道に進む。

1964年、アシスタント・セコンドとしてビセンテ・サルディバルの世界タイトル奪取に貢献。

1968年1976年1980年のオリンピック・メキシコ代表チーム監督。

1980年のモスクワオリンピックにメキシコ代表として出場したダニエル・サラゴサを連れ、プロのトレーナーに転向。

現在、メキシコシティにてヒルベルト・ローマン・イ・ダニエル・サラゴサ・ジム(通称:ロマンサ・ジム)を主宰。

2003年8月には、大阪に日本支部であるロマンサ・ジャパン・ボクシング・ジムの開設を認可。

2006年世界ボクシング殿堂に殿堂入り。

2011年国際ボクシング名誉の殿堂博物館に殿堂入り[1]

育てた名選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ タイソン、チャベス、ロッキーも殿堂入り ボクシングニュース「Box-on!」 2010年12月9日

関連項目[編集]