イクチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕今昔百鬼拾遺』より「あやかし」の名で描かれたイクチ

イクチは、日本に伝わる海の妖怪津村淙庵による『譚海』、根岸鎮衛による『耳袋』などの江戸時代随筆に記述がある。

概要[編集]

『譚海』によれば常陸国(現・茨城県)の沖にいた怪魚とされ、船を見つけると接近し、船をまたいで通過してゆくが、体長が数キロメートルにも及ぶため、通過するのに12刻(3時間弱)もかかる。体表からは粘着質の油が染み出しており、船をまたぐ際にこの油を大量に船上にこぼして行くので、船乗りはこれを汲み取らないと船が沈没してしまうとある[1]

『耳袋』ではいくじの名で述べられており、西海から南海(近畿地方九州)にかけて時折現れ、船の舳先などにかかるものとされている。ウナギのように非常に長いもので、船を通過するのに2,3日もかかるとあり、「いくじなき」という俗諺はこれが由来とされている。また同書では、ある人物が「豆州八丈(現・東京都八丈島)の海に、いくじの小さいものと思われるものがいるが、それは輪になるウナギ状のもので、目や口がなく動いているものなので、船の舳先へかかるものも、長く伸びて動くのではなく、丸くなって回るものだ」と語ったという[2]

鳥山石燕は『今昔百鬼拾遺』で「あやかし」の名で巨大な海蛇を描いているが、これはこのイクチをアヤカシ(海の怪異)として描いたものである[3]

平成以降では、怪魚ではなく巨大なウミヘビとの解釈や[4]、海で溺死した人間たちが仲間を求める姿がイクチだとの説もある[5]。石燕による妖怪画が未確認生物(UMA)のシーサーペントと酷似していることから、イクチをシーサーペントと同一のものとする指摘もある[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 津村淙庵 「譚海」『奇談異聞辞典』 柴田宵曲編、筑摩書房ちくま学芸文庫〉、2008年、32頁。ISBN 978-4-480-09162-8
  2. ^ 根岸鎮衛耳嚢』上、長谷川強校注、岩波書店岩波文庫〉、1991年、357-358頁。ISBN 978-4-00-302611-3
  3. ^ 村上健司編著 『日本妖怪大事典』 角川書店〈Kwai books〉、2005年、25頁。ISBN 978-4-04-883926-6
  4. ^ 人文社編集部 『日本の謎と不思議大全 東日本編』 人文社〈ものしりミニシリーズ〉、2006年、55頁。ISBN 978-4-7959-1986-0
  5. ^ 人文社編集部 『諸国怪談奇談集成 江戸諸国百物語 東日本編』 人文社〈ものしりシリーズ〉、2005年、45頁。ISBN 978-4-7959-1955-6
  6. ^ 山口敏太郎 『本当にいる日本の現代妖怪図鑑』 笠倉出版社2007年、134頁。ISBN 978-4-7730-0365-9