英国病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イギリス病から転送)
移動: 案内検索

英国病(えいこくびょう)またはイギリス病とは、経済が停滞していた1960年代以降のイギリスにおいて、充実した社会保障制度や基幹産業国有化等の政策によって社会保障負担の増加、国民の勤労意欲低下[1]既得権益の発生[2]等の経済・社会的な問題が発生した現象を例えた日本における用語である。

1960~70年代のイギリスは、労使紛争の多さと経済成長不振のため、他のヨーロッパ諸国から「ヨーロッパの病人Sick man of Europe)」と呼ばれていた[3]

イギリス社会主義[編集]

ゆりかごから墓場まで[編集]

1946年労働党アトリー内閣はベヴァリッジ報告書に基づいて、国民が原則無料で医療を受けることが出来る国民保健サービス法と、国民が老齢年金と失業保険を受け取ることが出来る国民保険法を制定した。また、1948年には政府が生活困窮者を扶助する国民扶助法と政府が青少年を保護する児童法を制定した。これらの政策によりイギリスでは「ゆりかごから墓場まで」と呼ばれる社会保障制度が確立されていった。

国有化政策[編集]

アトリー内閣は1945年から1951年の間に石炭電力ガス鉄鋼鉄道運輸などの産業を国有化した。1951年に政権を奪回した保守党チャーチル内閣はアトリー内閣とは逆に、1953年に鉄鋼や運輸などの産業を民営化した。しかし、1964年に政権を奪回した労働党のウィルソン内閣は1967年に鉄鋼や運輸などの産業を再び国有化した。また、第2次ウィルソン内閣は1975年自動車産業を国有化し、キャラハン内閣は1977年航空宇宙産業を国有化した。

経済の停滞[編集]

英国における経済悪化 [4]
70~79年 60~69年
GDP成長率 2.4% 3.2%
インフレ率 12.5% 3.5%
経常収支(GDP比) ▲0.2% 0.2%
財政収支(GDP比率) ▲5.0% ▲2.5%
失業率 3.3% 1.5%

国際競争力の低下[編集]

1960年代になると、国有化などの産業保護政策はイギリス資本による国内製造業への設備投資を減退させることとなり、資本は海外へ流出し、技術開発に後れを取るようになっていった。また、国有企業は経営改善努力をしなくなっていき、製品の品質が劣化していった。これらの結果、イギリスは国際競争力を失っていき、輸出が減少し、輸入が増加して、国際収支は悪化していった[5][6]

特に多くの労働者を抱えていた自動車産業は、ストライキの慢性化と日本車の輸出が活発化した時期(1970年代)が重なったことで壊滅的な状況となり、2000年代には外国メーカーのブランド名としてのみ名前が残っている。

オイルショックの到来[編集]

1973年1974年の第1次オイルショックをきっかけにイギリスは経済の停滞と物価の上昇が共存するスタグフレーションに陥った[7]失業率は増大していき、原材料費と賃金の高騰が原因となって生産性が低下し、通貨ポンドの価値は下落した。一方、通貨の価値下落にもかかわらず、国際収支が改善することはなかった。

財政の悪化[編集]

オイルショック以降、イギリスでは経済成長率が低下し、税金収入が減少していき、財政赤字は増加して、国債の累積残高が増加し続けていった。1976年には財政破綻し、国際通貨基金から融資を受けることとなった。このことから、政府は財政支出の削減を余儀なくされ、公務員の給与抑制が課題となった。また、社会保障制度を維持しようと歳入増を試みるようになった。

病の症状[編集]

意欲の低下[編集]

1970年代には所得税の最高税率が83パーセント[8]不労所得の最高税率が15%の付加税を加算して98%、という異常に高率な累進課税だった。これらの税制度や充実した失業保険は勤労意欲の低下や社会的活力の減退を招いていった。

労働組合の勝利[編集]

1970年代になると、イギリスでは様々なストライキが断続的に続いた。第1次オイルショックの到来以降、スタグフレーションを克服するために保守党のヒース内閣は労働組合と賃金抑制の交渉をしたが、うまくいかず、1974年2月、全国の炭坑では無期限ストライキが始まった。事態を打開しようとヒース首相は選挙に打って出たが、労働党が比較第1党となり、ヒース内閣は退陣した[9]。政権に就いた第2次ウィルソン内閣は労働組合の要求に近い賃上げを認めた。こうしてストは終了した。

不満の冬[編集]

1978年末から1979年始めにかけて、基幹産業の労働組合が大きな賃上げ合意をしたため、公共サービス労働者もそれに続こうとストライキに入った。医者や看護師のストで病院は機能せず、給食婦のストで学校は休校し、ゴミ収集人のストでゴミは回収されず、墓堀人のストで死者が埋葬されず、トラック運転手のストで暖房用の灯油が配達されない等の現象が起こった。キャラハン内閣は、これらの公共サービスの低下に対して労働党内の抗争により有効な対策を打ち出すことはできなかった。結果としてこれらの現象は社会の不満を生み出すこととなり、この時期の冬は「不満の冬」と呼ばれるようになった。

病の治療と克服[編集]

「鉄の女」の登場[編集]

1979年の総選挙では保守党が勝利し、5月にはサッチャーが政権に就いた。サッチャー内閣は、国有企業の民営化、金融引き締めによるインフレの抑制、財政支出の削減、税制改革、規制緩和、労働組合の弱体化などの政策を推し進めていった。→(詳しくはサッチャリズムを参照)。

これらの政策により英国病の症状は克服[10]されていったが、サッチャー在任中は不況は改善されず、失業者数はむしろ増加し、財政支出も減らなかったことや、反対派を排除する強硬な態度などからサッチャーは在任中も、その後も、英国内では毀誉褒貶が相半ばする存在となった。

新しい労働党へ[編集]

その後、メージャー内閣を経て、1997年には保守党から政権を奪回した労働党のブレア内閣はサッチャー内閣の基本路線を踏襲しつつも、是正する政策を行っていった。→(詳しくは第三の道を参照)。

また、ブレア内閣は若さや活気などをイメージさせる「クール・ブリタニア」という用語を用いたブランド戦略を推進し、悪い・老いた印象があるイギリスを良い・若い印象の国へ脱却させようとする政策を行っていった。

21世紀現在の状況[編集]

イギリスの国内総生産1992年から2008年までプラス成長が続き、サッチャー内閣でも減らなかった財政赤字は1998年から黒字に転じ、改善に向かった。

2001年にはブレア内閣によって「英国病克服宣言」が出され、現在イギリスは英国病を克服したと認識されている。

脚注[編集]

  1. ^ 英国病 ('76)月刊基礎知識 自由国民社 2002年4月号(2009年9月13日閲覧)
  2. ^ 英国病 ('86)月刊基礎知識 自由国民社 2002年4月号(2009年9月13日閲覧)
  3. ^ "The real sick man of Europe" The Economist, May 19, 2005.
  4. ^ 平田潤 2006, p. 11.
  5. ^ 平田潤 2006, p. 10.
  6. ^ 昭和44年 年次世界経済報告 第17表内閣府ホームページより(2009年9月13日閲覧)
  7. ^ 平田潤 2006, p. 2.
  8. ^ 日・米・英の所得税(国税)の税率の推移財務省ホームページより(2009年9月13日閲覧)
  9. ^ 平田潤 2006, p. 13.
  10. ^ イギリスYahoo!百科事典(2009年9月13日閲覧)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]