イギギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イギギ(Igigi)は、アッカド帝国の王の名前である(B.C.2257年~不明)。彼はシャル・カリ・シャッリ王の死後、アッカド帝国内において、他に乱立した王とともに権力を争った。

また、イギギは、メソポタミア神話においては、上級の神々(アヌンナキ)に支配された、下級の神々を表す用語でもある。シュメール語では「見る者」の意。伝説によると、あるときイギギが、シャパトゥ(ヘブライ語ではサバト:安息日)にストライキを起こし、世界を維持する作業を続けることを拒んだとき、エンキは人間を作って作業をさせ、神々が働かなくともよいようにしたといわれている。