イオン (LRT)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ION
概要
種別 LRT
バス・ラピッド・トランジット
現況 建設中
所在地 オンタリオ州ウォータールー地域
起終点 コネストガモール
アンシルターミナル
駅数 22(予定)
運行
開業 2017
所有者 ウォータールー地域
運営者 グランド・リバー交通局
使用車両 ボンバルディア製Flexity Freedom
路線諸元
路線総延長 36 km
軌間

1,435 mm (4 ft 8 12

</noinclude> in) 標準軌

イオンは、カナダウォータールー地域に建設されるライトレールバス・ラピッド・トランジットである。工事は2014年に始まり、2017年に開業する予定である。

歴史[編集]

  • 2004年 - 地区議会が、ライトレールを建設し、これで、地区をよくするために個別の環境アセスメント(Individual Environment Assessment)を実設した。環境アセスメント(EA)は次の3つのフェーズから成る。ここでは、それぞれのフェーズを年代順に記す。
  • 2006年7月 - 道路の拡張、改善した法定トランジット、ラピッドトランジットなどの選択肢から好みな輸送の戦略を決定した。これがフェーズ1
  • 2007年2月 - 好むルートのデザインと技術を決定した。EAは10もの技術をテストした。ライトレール、バスラピッドトランジット、モノレール地下鉄が含まれている。これがフェーズ2 ステップ1。この結果、ライトレールとバスラピッドトランジットが最も地区成長管理戦略(Regional Growth Management Strategy)のニーズに適していると決まった。
  • 2008年 - ラピッドトランジットシステムの7つの部分のための好みなルートと技術を決定した。これがフェーズ2 ステップ2
  • 2008年6月 - オンタリオ州は新しい促進したトランジットプロジェクトアセスメントプロセス(Transit Project Assessment Process)を発表した。
  • 2008年8月 - 地区は環境省がそれを個別の環境アセスメントから促進したプロセスに移行するだろうと忠告することに気づいた。この理由により、フェーズ3(全体的に好みなラピッドトランジットシステムを提案する)は完了しないだろう。
  • 2009年 - 環境アセスメントはこの計画の提案をした。
  • 2009年6月 - フェーズ3は完了した。
  • 2009年6月24日 - 地区の評議会は、発議権を認め、地区は、1億ドルのプロジェクトの資金をえるために州と連邦政府と協議している。地区は、LRTを地区に設置するラピッドトランジットのための技術と認めた。これらは投票で決定した。
  • 2009年 - 地区はそれをアセスメントプロジェクト(Assessment Project)に移行すると望んでいた。
  • 2010年 - 政府の高いレベルからの資金は、オンタリオ州から300ドル、連邦政府から265ドルである。
  • 2011年6月15日 - 評議会はフェーズ1への資金を認めた。
  • 2011年後半 - 計画は順調で、準備も整った。
  • 2011年10月 - ウォータールー (オンタリオ州)のDutton Driveにある所有地は、LRTが取り付けられる予定の電車の通路との境界と接していて、メンテネンスと電車を保管するところとして、購入された。
  • 2013年6月10日 - en:Kitchener-Waterloo Recordは、en:Metrolinxと交渉して、ボンバルディア・トランスポーテーションから14両のen:Flexity Freedom列車を買った。
  • 2013年6月12日 - en:International Railway Journalは14両の列車を買い、16両の列車を新たにに買うと報告した。
  • 2014年8月 - 建設開始
  • 2017年 - 開業 (パート1)
  •  ? - 建設開始
  •  ? - 開業 (パート2)

駅一覧[編集]

駅名 営業キロ 接続路線、施設 所在地
コネストガモール駅 0.0 コネストガモール(en:Conestoga Mall) ウォータールー (オンタリオ州)
ノースフィールド駅  
R&T 公園駅 R&T 公園
ウォータールー大学駅 ウォータールー大学
シーグラム駅  
ウォータールータウンスクウェア駅[1]  
ウィリーズ通り駅[2]  
アレン駅  
グランドリバー病院駅 グランドリバー病院 キッチナー (オンタリオ州)
ビクトリア駅 VIA鉄道GOトランジットキッチナー線キッチナー駅
ヤング駅[3]  
ゴーケル駅[4] (en:Charles St. Transit Terminal)
フェデリック駅[5]  
ベントン駅[6]  
セダー駅  
ボーデン駅  
ミル駅  
ブロックライン駅  
フェアビューパークモール駅 19.0(予定) フェアビューパークモール(en:Fairview Park Mall)
スポーツワールド駅(予定) コストコ ケンブリッジ (オンタリオ州)
プレストン駅(予定)  
イーグル駅(予定)  
ケンブリッジセンターモール駅(予定) ケンブリッジセンター (en:Cambridge Center)
カンアメラパークウェイ駅(予定)  
デルタ駅(予定) GOトランジットミルトン線ケンブリッジ駅(予定)
アンシルストリートターミナル駅(予定) (en:Ainslie St. Transit Terminal)

aBRT[編集]

aBRT(adapted bus rapid transit)は、パート1(コネストガモール駅-フェアビューパークモール駅)が開業すると同時に、フェアビューパークモールからアンシルストリートターミナルまでを結ぶバスのこと。バス停は次の通り。

  • フェアビューパークモール-スポーツワールド(電車の駅とは距離がある)-イーグル-ケンブリッジセンターモール-カンアメラパークウェイ-デルタ-アンシルストリートターミナル

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 一方向のみ
  2. ^ 一方向のみ
  3. ^ 一方向のみ
  4. ^ 一方向のみ
  5. ^ 一方向のみ
  6. ^ 一方向のみ