イオンモール船橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イオンモール船橋
ÆON MALL FUNABASHI
AEON Mall Funabashi.JPG
店舗概要
所在地 273-0045
千葉県船橋市山手一丁目1番8号
北緯35度42分42.3秒 東経139度58分44秒 / 北緯35.711750度 東経139.97889度 / 35.711750; 139.97889座標: 北緯35度42分42.3秒 東経139度58分44秒 / 北緯35.711750度 東経139.97889度 / 35.711750; 139.97889
開業日 2012年平成24年)4月25日
(グランドオープン)
施設所有者 イオンリテール株式会社
施設管理者 イオンリテール株式会社

イオンモール株式会社
敷地面積 65,600[1]m2
商業施設面積 61,600[1]m2
延床面積 123,297m2
中核店舗 イオン船橋店
店舗数 ÆONと158の専門店[1]
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 2,300台
前身 日本建鐵船橋工場
マックスバリュ新船橋店
商圏人口 310,000人(129,000世帯)[1]
最寄駅 新船橋駅(徒歩1分)
東海神駅(徒歩7分)
最寄IC 花輪IC船橋IC原木IC
外部リンク 公式サイト
ÆON MALL
テンプレートを表示

北緯35度42分42.3秒
東経139度58分44秒

イオンモール船橋(イオンモールふなばし)は、千葉県船橋市山手一丁目に所在し、イオンリテール株式会社が開発、イオンモール株式会社[2]が運営しているショッピングセンター。イオンリテールが「イオンモール」の名称でSCを新規開業する初の施設となる。2012年平成24年)4月25日グランドオープン。

概要[編集]

もともと、当地には日本建鐵の船橋工場とマックスバリュ新船橋店[3]が立地していたが、イオンが「イオン新船橋ショッピングセンター[4]」の建設を発表。当初は2008年秋に開業する予定であったが、マックスバリュ新船橋店の駐車場などの土壌から、六価クロムなどが検出されたことや景気の低迷などから建設を延期。その後、開業時期が発表されるとともにマックスバリュ新船橋店の閉店を発表。マックスバリュ新船橋店は2011年(平成23年)2月20日に閉店した[5]

沿革[編集]

  • 2012年(平成24年)
    • 4月17日 - ソフトオープン。
    • 4月25日 - グランドオープン。
  • 2013年(平成25年)
    • 11月1日 - 管理・運営がイオンモール株式会社に移管。

主なテナント[編集]

核テナントはイオン船橋店である。モール開業時点での専門店テナント数は158店[1]

出店しているテナント全店の一覧・詳細は公式サイト「ショップ&レストラン」を、営業時間およびATMを設置する金融機関の詳細は公式サイト「インフォメーション」を参照。

1階[編集]

2階[編集]

3階[編集]

環境への配慮[編集]

イオンでは12か所目となる「エコストア」であり、既存店舗と比較して二酸化炭素の30%削減を目標としている[1]。建物の空調システムには氷蓄熱を採用しているほか、1階食品売場には高効率DCインバータ冷凍機・二酸化炭素を冷媒とした冷凍機が導入されている[10]。そしてLED照明の全面採用により、モール全体の97.6%がLED化されている[1]。さらにモール建物東側側面には太陽光発電用のソーラーパネルを設置している[10]

駐車場[編集]

モール4階・5階の立体駐車場、屋上駐車場と平面駐車場があり、収容台数は2,300台である[1]。平面駐車場には電気自動車充電スタンドが3基設置されている。詳細情報は公式サイト「駐車場のご案内」を参照。

交通アクセス[編集]

鉄道は東武野田線新船橋駅西口から徒歩1分、東葉高速鉄道線東海神駅T4口から徒歩7分。バスは船橋新京成バス船35建鉄循環で「日本建鉄前」停留所が最寄。

なお、西船橋駅入口と金杉台団地から送迎バスが運行されている。受託は千葉シーサイドバス。 2012年7月21日から運行開始し、当初は試験運行のため運賃は無料であったが、同年9月21日から有料(100円)となった。バスの運行時刻・運賃・乗り場などの詳細情報は公式サイト「バスのご案内」を参照。


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 4/25(水)「イオンモール船橋」グランドオープン (PDF) - イオン株式会社 ニュースリリース 2012年3月23日
  2. ^ 2013年10月31日迄イオンリテール株式会社
  3. ^ 1997年(平成9年)11月28日に開店。開店当初はマックスバリュー新船橋店であった。
  4. ^ 発表・建設当初の仮称
  5. ^ イオン船橋ショッピングセンター建設@船橋市山手(4) - 2012年3月12日閲覧
  6. ^ 総合クリニック ドクターランド船橋 診療案内 - 千葉白報会
  7. ^ イオンモール船橋 施設や取り組みのご紹介 総合クリニック ドクターランド船橋 - イオンリテール株式会社
  8. ^ イオンモール船橋 施設や取り組みのご紹介 暮らしのマネープラザ - イオンリテール株式会社
  9. ^ イオンモール船橋 施設や取り組みの紹介 フードコート - イオンリテール株式会社
  10. ^ a b イオンモール船橋 施設や取り組みの紹介 最新のエコモール - イオンリテール株式会社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]