イオンモール寝屋川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イオンモール寝屋川
ÆON MALL NEYAGAWA
AEON MALL Neyagawa1.JPG
店舗概要
所在地 大阪府寝屋川市緑町5番8号
北緯34度46分27.9秒 東経135度37分36.6秒 / 北緯34.774417度 東経135.626833度 / 34.774417; 135.626833座標: 北緯34度46分27.9秒 東経135度37分36.6秒 / 北緯34.774417度 東経135.626833度 / 34.774417; 135.626833
開業日 1978年昭和53年)3月24日
施設所有者 イオンモール株式会社
施設管理者 イオンモール株式会社
敷地面積 22,700m2
商業施設面積 42,420m2
延床面積 29,000(総賃貸面積)m2
中核店舗 イオン寝屋川店
店舗数 ÆONと64の専門店
前身 寝屋川グリーンシティ

イオンモール寝屋川グリーンシティ
最寄駅 香里園駅寝屋川市駅
最寄IC 寝屋川北IC寝屋川南IC
守口出入口
外部リンク 公式サイト
ÆON MALL
テンプレートを表示

イオンモール寝屋川(イオンモールねやがわ)は、大阪府寝屋川市緑町の国道170号線(大阪外環状線)沿いに位置するイオンモール運営のショッピングセンターである。

概要[編集]

イオンモール寝屋川グリーンシティ時代の外観

イオンモールと名のつくショッピングセンターでは比較的長い歴史がある。

店舗面積は42,420(ただし、公式サイトにおける総賃貸面積は29,000m²[1])で、イオン寝屋川店を核店舗として約50のテナントが出店する。1978年昭和53年)3月24日ダイヤモンドシティにより開業され、同社がイオンモールと合併後の2007年平成19年)9月22日寝屋川グリーンシティからイオンモール寝屋川グリーンシティ改称された。さらに、2011年(平成23年)10月21日には現名称に再改称した。

かつては、『ジャスコと95の専門店街』と呼ばれ、専門店テナントが充実していたが、平和堂が展開するアル・プラザ香里園の近隣への立地などから専門店の撤退があり、ジャスコ部分を増床させることと、ザ・ダイソーRight-onなどの比較的強力な専門店の出店や一店舗あたりの面積を多くとることにより、一時期に比べると活気は取り戻しつつある。

イオンモールに改称後は、広告などに力を入れなおし、公式ホームページも開設された。

2010年(平成22年)9月23日に、全館リニューアルオープンした。主な特徴としては、ジャスコ面積を地下1階・1階のみに半減させ2階・3階をすべて専門店ゾーンに変更、g.u.などの新規出店、フードコートの面積拡大、既存テナントであるザ・ダイソー、喜久屋書店などの売場面積拡大・美装化・移設が行われた。

2011年3月1日、核店舗の「ジャスコ寝屋川店」は「イオン寝屋川店」に名称変更した。

当SC独自のカードとして、「イオンモールメンバーズカード」を発行している。なお、かつては、寝屋川グリーンシティの独自カードとしてクレジットカード機能の付いた「ダイヤモンドシティカード」を発行していた。

主なテナント[編集]

2012年3月26日現在[2]

出店テナント全店の一覧・詳細情報は公式サイト「ショップガイド」を、営業時間およびATMを設置する金融機関の詳細は公式サイト「営業時間・サービス案内」を参照。

地下1階[編集]

1階[編集]

2階[編集]

3階[編集]

外部棟[編集]

交通アクセス[編集]

  • 駐車場(無料) - 立体駐車場と地上部の第一駐車場、第二駐車場の3か所。各駐車場は国道170号線四條畷方面向きから進入できる。国道170号線高槻方面向きからは、右折禁止となっているために、右折しての進入はできないが、国道直結のグリーンシティ連絡橋を渡って立体駐車場に進入できる構造となっている。国道170号線開通と同時期に建設されたために、計画的に整備された。
  • 京阪バス - 京阪本線寝屋川市駅香里園駅からタウンくるが運行されている。なお、両駅からは徒歩で約15分程度である。
    • タウンくる寝屋川音羽町線・石津南町停留所から東に徒歩約3分。タウンくる寝屋川市内線木屋ルート・緑町中停留所前。運行時刻は公式サイト「アクセスガイド」を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ イオンモール寝屋川 モール概要 - イオンモール株式会社
  2. ^ イオンモール寝屋川 フロアガイド - イオンモール株式会社(2012年7月30日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]