イオンモールナゴヤドーム前

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イオンモールナゴヤドーム前
ÆON MALL NAGOYADOMEMAE
AEON Nagoyadomemae Shopping Center.JPG
店舗概要
所在地 愛知県名古屋市東区矢田南四丁目102番3号
北緯35度11分13.6秒 東経136度56分39.2秒 / 北緯35.187111度 東経136.944222度 / 35.187111; 136.944222座標: 北緯35度11分13.6秒 東経136度56分39.2秒 / 北緯35.187111度 東経136.944222度 / 35.187111; 136.944222
開業日 2006年平成18年)3月24日(プレオープン)
2006年(平成18年)3月28日(グランドオープン)
施設所有者 フロンティア不動産投資法人[1]
施設管理者 イオンリテール株式会社 SC事業本部中部事業所

イオンモール株式会社
敷地面積 62,853 m²
商業施設面積 64,809 m²
延床面積 154,288 m²
中核店舗 イオンナゴヤドーム前店
店舗数 ÆONと180の専門店
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 2,800台
最寄駅 ナゴヤドーム前矢田駅大曽根駅矢田駅
最寄IC 引山IC勝川IC吹上東出入口黒川出入口
外部リンク 公式サイト
ÆON MALL

イオンモールナゴヤドーム前(イオンモールナゴヤドームまえ)は、愛知県名古屋市東区矢田南(ナゴヤドーム隣接)に立地し、イオンモール株式会社[2]が管理運営するモール型ショッピングセンターである。

2011年11月21日に「イオンナゴヤドーム前ショッピングセンター」から名称が変更された。通称は「イオンナゴヤドーム」または「イオンドーム前」「ドームイオン」「ドムジャ」など。

概要[編集]

イオン株式会社日本たばこ産業株式会社(JT)の名古屋工場跡地を借用し、2006年平成18年)3月28日に日本たばこ産業を建築物オーナー、イオン株式会社のSC事業部を開発事業者としてグランドオープンした。敷地面積約6万2,000m²、店舗面積約6万4,000m²の巨大ショッピングモールである。建物は5階建てで、店舗は3階層のGMS棟(イオンナゴヤドーム前店)とエンクローズドモール(イオンナゴヤドーム前専門店街)で構成されている。駐車場の容量は2,800台で4階・5階駐車場、屋上駐車場・平面駐車場の3か所となっている。

専門店街はナゴヤドームでのイベント・催事開催を考慮し、多くの飲食店を出店しているほか、ナゴヤドームとは歩道橋で連絡しており、店舗の2階部分から往来することが可能である。

特色[編集]

専門店街は、「行き慣れた場所にいくつものサプライズがある名古屋のどこにもない空間」をコンセプトに設計されており、名古屋市で初出店となった約50の専門店をはじめ180の専門店で構成されている。また2階に設置されているフードコートは21店舗、930席の規模であり、この他に24店舗のレストラン喫茶店を出店し、ナゴヤドームの催事やイベントから流れた顧客に対応できるように広く設定されているが、これでも対応しきれないのが現状である。

イオンナゴヤドーム前店(旧ジャスコ)は他の店舗とは異なり、「ほんのちょっとしたぜいたく」をコンセプトに従来の内装とは違った雰囲気となっている。中でも2階の衣料品売場はジャスコとしては初めて「イオンスタイルストア」と称して百貨店や専門店を意識した売り場を構成している。売り場は全体として円形のイメージをしており集中レジカウンターや通路なども円形にこだわっている。2011年3月1日、ジャスコはサティと店舗ブランドを統一して「イオン」に変更された。

主なテナント[編集]

主要専門店として以下が挙げられる。

1階にはペット用品専門店を集めた「イオンペット」がある。そのうちペットプラスにはショッピングセンターでは数少ないペット同伴で食事ができるドッグカフェがある。

2階のナゴヤドームとの連絡デッキ近くに中日ドラゴンズのグッズショップ「ドラゴンズショップ」があり、当店でのみ扱うグッズも揃う。中央部には先述した広大なフードコートがある。

3階には開店当時3時間待ち以上の行列を作ったフードテーマパーク「名古屋デザートフォレスト」が出店していたが、閉店後はSeriaが出店している。

なお、2013年1月現在改装工事はすべて完了しており、新店舗が入店したほか、従来の専門店もフロア移動した店舗が多い。

名古屋市内でのイオン銀行1号店は1階にある。

出店テナント全店の一覧・詳細情報は公式サイト「ショップ&レストラン」を、営業時間およびATMを設置する金融機関の詳細は公式サイト「インフォメーション」を参照。

1階[編集]

2階[編集]

3階[編集]

交通アクセス[編集]

自動車

  • 平面・自走式併せて2,800台収容可能な駐車場を備える。駐車料金は公式サイト「駐車場のご案内」を参照。
  • 当モールが決めた特定日(ナゴヤドームで野球の試合や特定のイベントが開催される日)は特別駐車料金として6,000円が加算される。ただし特定の条件を満たせば加算されない[3]
  • イベント実施時以外は駐車場入り口には係員は配置されず、入場時にナンバー読み取りを行う。これによって店内の案内端末で駐車位置の確認ができるようになったとともに、事前精算機で精算を済ませておけば(平日最初の1時間含め)出口精算機に駐車券を挿入せずとも出場が可能になった。尚事前精算機ではゼロシステムの対応はできないのでサービスカウンターや各店舗レジ若しくは食品売り場10番レジで手続きをしなくてはならない。

鉄道

路線バス

自転車・自動二輪車

  • 1,500台収容の駐輪場が用意されている。

付記[編集]

  • 当モールでは、地球環境保護と混雑防止の観点から公共交通機関の利用を推奨しており、manacaTOICAなどにより地下鉄、市バス、ゆとりーとライン、JR線を利用し来店した買い物客に対して一定条件のもと、グリーンスコアキャンペーンとして特典を付与している。[4]

(当店舗で導入しているのはmanacaやTOICAではなく、東日本旅客鉄道(JR東日本)のSuicaであるが、manaca、TOICAとも相互利用により使用可能である。(manaca、TOICAを使用する際はSuicaのボタンを押して使用する。))

  • イオンは中日ドラゴンズと提携してプロ野球シーズン中は名城線にドラゴンズの選手を描いた(ドラゴンズトレイン)ラッピング列車を1日1両のみ運行している。選手のプレー写真をラッピングシートに写す費用などが極めて高額な事から、1両分しか経費が賄えないので、実際に走行しているところを見る事や乗車する事は中々難しい。

周辺のイオングループの店舗[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]