イエーガーマイスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イエーガーマイスター

イエーガーマイスター(Jägermeister)とは、ドイツ産のリキュール銘柄である。アニス甘草など、実に56種類ものハーブが使われている。アルコール度数は35度、エキス分は15.7%、濃い色をしている。片仮名表記では、イェーガーマイスター、イエーガマイスター、イェーガマイスターなどと書かれることもあるが、本稿では、以降イエーガーマイスターの表記で統一する。

概説[編集]

イエーガーマイスターは、ドイツのブラウンシュヴァイク市から13km南のヴォルフェンヴュッテルにある、マースト・イエーガーマイスター社(Mast-Jägermeister AG)が製造。同社は1878年に設立されたが、このリキュールのレシピを確立したのが1934年で、実際に販売し始めたのは1935年である[1]

イエーガーマイスターは、ハーブ類、果物類、草根木皮など、56種類の材料を使用して製造されていると言われている[2][1]。この56種の中には、アニスカモミールキャロブゲンチアナサフランシナモンフェンネルマテミント没薬ラベンダーなどが含まれているものとの推察[1]もある。製造工程の中には、これらの材料を蒸留酒に一定期間浸漬し、そうしてできた混成酒蒸留した後、オーク製ので9ヶ月以上熟成するという工程が存在するとされる。ただし、製法は完全には公開されていないため、詳細は不明である。

ともあれ、出来上がったイエーガーマイスターの色は深紅なのだが、ボトルが色であるため(赤と緑は補色の関係にあるため)、ボトルに入っている状態では黒っぽく見える。さて、このボトルのラベルには2001年現在、シカが描かれている。リキュール名の「イエーガーマイスター」というのは、「狩人の守護聖人」を意味しており、これは、7〜8世紀頃のドイツ辺りで、牡鹿のに精霊[注釈 1]を見た人物が、後に聖職者になったという物語に由来している[2]。ちなみに、ラベルにシカの絵がある上に、液色が深紅であるため、シカの血液が入っているのではないかとの噂もあったが、これは事実ではない。

このイエーガーマイスターは、ドイツでの消費はもとより、輸出されて各地で消費される。特に、アメリカでの人気が高いことで知られている[3][1]。1980年代半ばにニューオリンズで評判になった辺りから、アメリカでの人気に火がついたとの説がある[1]

飲用法・利用法[編集]

イエーガーマイスターは、そのまま、つまり、ストレートで飲まれる他に、カクテルの材料などとしても利用される。

ストレート[編集]

ヨーロッパでは、イエーガーマイスターをボトルごと冷やして、それをストレートで飲むのが一般的な飲み方である[4]

なお、ドイツでは、イエーガーマイスターを薬酒と考える人もいると言う。薬酒として扱う場合も、基本的にはストレートで飲まれる。

カクテル[編集]

イエーガー・オレンジ
イエーガーマイスター + オレンジ・ジュース
いわゆる、イエーガーマイスターのオレンジ・ジュース割り。飲む人の好みや、作るグラスに合わせて、適量を使用する。氷を入れたグラスに、ビルドで作られる。
ただし、氷を入れたグラスにオレンジ・ジュースを注ぎ、その上にイエーガーマイスターをフロートさせる場合もある[5]
イエーガー・トニック
イエーガーマイスター + トニック・ウォーター
いわゆる、イエーガーマイスターのトニック・ウォーター割り。飲む人の好みや、作るグラスに合わせて、適量を使用する。氷を入れたグラスに、ビルドで作られる。
なお、グラスにレモンを飾る例も見られる[6]
イエーガー・ボム
イエーガーマイスター + レッド・ブル
いわゆる、イエーガーマイスターのレッド・ブル割り。飲む人の好みや、作るグラスに合わせて、適量を使用する。氷を入れたグラスに、ビルドで作られる。
シルバー・ストリーク
イエーガーマイスター + ビーフィータードライ・ジン
ただし、シルバー・ストリークには幾つかレシピが存在し、イエーガーマイスターを使わないシルバー・ストリークも存在する。詳しくは、「シルバー・ブレット」の記事の「バリエーション」の節を参照のこと。

その他の利用法[編集]

パウンドケーキに、少量のイエーガーマイスターを使用する例も見られる[6]。つまり、イエーガーマイスターによる香味付けを狙った利用法である。

その他の話題[編集]

Jaegermeister-04.jpg

イエーガーマイスターの製造元である、マースト・イエーガーマイスター社(Mast-Jägermeister AG)は、ドイツ本国で長年レーシングチームのスポンサーをつとめていた。この為、このチームのレーシングカーは、オレンジ色の「イエーガーマイスターカラー」をまとっていた。

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 福西 英三 『リキュールブック』 p.22 柴田書店 1997年7月1日発行 ISBN 4-388-05803-3
  2. ^ a b 成美堂出版 編集 『リキュールとカクテルの事典』 p.80 成美堂出版 2001年8月20日発行 ISBN 4-415-00835-6
  3. ^ 成美堂出版 編集 『リキュールとカクテルの事典』 p.70 成美堂出版 2001年8月20日発行 ISBN 4-415-00835-6
  4. ^ 成美堂出版 編集 『リキュールとカクテルの事典』 p.80、p.81 成美堂出版 2001年8月20日発行 ISBN 4-415-00835-6
  5. ^ 成美堂出版 編集 『リキュールとカクテルの事典』 p.81 成美堂出版 2001年8月20日発行 ISBN 4-415-00835-6
  6. ^ a b 福西 英三 『リキュールブック』 p.23 柴田書店 1997年7月1日発行 ISBN 4-388-05803-3

注釈[編集]

  1. ^ 文脈と当該地域から考えると「聖霊」の誤植である可能性も否定できない。無論、「精霊」で正しい可能性もある。ひとまず、この部分の出典である「成美堂出版 編集 『リキュールとカクテルの事典』 p.80 成美堂出版 2001年8月20日発行 ISBN 4-415-00835-6」において、「精霊」と表記されているので、その表記に従った。

主な参考文献[編集]

  • 福西 英三 『リキュールブック』 柴田書店 1997年7月1日発行 ISBN 4-388-05803-3
  • 成美堂出版 編集 『リキュールとカクテルの事典』 成美堂出版 2001年8月20日発行 ISBN 4-415-00835-6

関連項目[編集]

外部リンク[編集]